メ・バヂス・バ

「ボン・バズバ・リント…ボン・バズバ・クウガ…」(この数はリント…この数はクウガ…)

【名前】 メ・バヂス・バ
【読み方】 め・ばぢす・ば
【声/俳優】 河合秀(クウガ)
【登場作品】 仮面ライダークウガ
仮面ライダーディケイド
仮面ライダーフォーゼ
【登場話(クウガ)】 EPISODE7「傷心」
EPISODE8「射手」
【登場話(ディケイド)】 第3話「超絶」
第12話「再会 プロジェクト・アギト」
【登場話(フォーゼ)】 第2話「宇・宙・上・等」
【分類】 グロンギ
【モチーフ】 ハチ
【通し番号】 第14号
【所属集団】 メ集団

【仮面ライダークウガ】

メ集団に所属するハチ種怪人。同集団のファーストプレイヤー。

右腕から極太の毒針を生成し、超高空から対象に発射する能力を持つが、この毒針は一度撃つと再生に15分掛かるのが欠点となっている。
上述の能力で打ち抜いた相手を強制的にアナフィラキシーショックに陥らせて殺害する」というゲゲルを実行する。

本人が定めたルールなのか本能的な習性なのかは不明だが、犯行現場は地図で見ると蚊取り線香のように渦巻き状に広がっている。
「人間の体内にあるアマダムを透視できる」という特殊な眼を持ち、雄介がクウガだと見破る。

クウガとの交戦で戦いによりグゼパを失い、カウントが無効になった為に憤慨する。
直前に会話をしていたズ・ゴオマ・グに責任を押し付け、ラ・バルバ・デに「クウガを殺害したらリント27人分とカウントしても良い」という特例を認めさせる。

その後、雄介が1人になった瞬間を狙うが、一条刑事の指摘により存在を気付かれ、ペガサスフォームの超感覚で居場所を捉えられた為に失敗し、最期はブラストペガサスを受け爆散した。

【仮面ライダーフォーゼ】

都市伝説の怪人としてネット上の映像に登場。

動画の中でクウガを相手に他の2体と共に戦っていた。

【余談】

放送当時に発売された格闘ゲームでは使用可能キャラの1体として登場。
「毒針発射」を必殺技としており、ゲームの都合上何度でも撃てる。

クレジットでメ・バチス・バと誤表記されている回が存在する。

演じる河合氏は過去に『忍者戦隊カクレンジャー』でニンジャイエロー/セイカイ役を演じている。