大津市の行政区


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

大津市の行政区では、2017年に政令指定都市に移行した大津市の行政区と、政令指定都市に移行するまで、もしくは、移行してからの変化について説明する。

もくじ

概要

 近年の人口増加が著しい大津市であったが、大阪に近接するベッドタウンの茨木市、高槻市の人口が飽和状態になり、特に子育ての分野で行政サービスが行き届かなくなったことなどから、さらなる大津市への人口流出の傾向が続いた。これを受け、JR西日本は、2012年の大阪始発新快速の京都直通化(新大阪と高槻は通過)によって、大阪からの、大津、草津方面への混雑を緩和させ、所要時間も大阪~大津間が8分短縮の32分としたことをきっかけに、ベッドタウンとしての大津市が、関西地区で見直され、さらなる人口増加が起こった。
 それから、わずか2年後の2014年の国勢調査において、大津市の人口が、60万人を越えたことが発表され、当時の大津市長、西川貴教(野洲市出身、元T.M.Revolution)は、翌年からの政令指定都市への移行に向け、積極的に取り組む声明を発表し、2016年には、人口がついに80万人を突破した。翌年、2017年4月1日、ついに、大津市は念願の政令指定都市へ移行を果たした。
 政令市への移行は、神奈川県相模原市(2010年)、熊本県熊本市(2012年)に次ぐ、21例目となる。
 なお、隣接する草津市、高島市についても、平成の大合併直後と比較して、人口が、2倍以上となっており、さらに、人口は増え続けている。京都市山科区は、すでに飽和状態であったことと、大津のベッドタウン化によって、住宅価格が高騰したことなどから、人口は頭打ちである。

行政区

 以下の5つである

浜大津区

  • 区庁舎:明日都浜大津(市役所と併設)
  • JR:大津、膳所
  • 京阪:追分、大谷、上栄町、浜大津、三井寺、島ノ関、石場、京阪膳所、錦、膳所本町、中ノ庄、瓦ヶ浜

石山寺区

  • 区庁舎:
  • JR:石山、瀬田
  • 京阪:粟津、京阪石山、唐橋前、石山寺

皇子山区

  • 区庁舎:旧大津市役所庁舎
  • JR:大津京
  • 京阪:別所、皇子山、近江神宮、南滋賀、滋賀里、穴太

比叡山区

  • 区庁舎:
  • JR:唐崎、比叡山坂本、おごと温泉
  • 京阪:松の馬場、坂本

堅田区

  • JR:堅田(西びわこ)、小野、和邇、蓬莱、滋賀、比良、近江舞子、北小松

JRの変化

副駅名の付与

 大津市の政令都市移行を受け、観光客が増加したが、湖西線とJR琵琶湖線の乗り間違いが多く発生した。大津市の請願により、湖西線の代表駅である堅田駅に西びわこ、ほとんどの新快速の終着駅である野洲駅に東びわこという副駅名がそれぞれ新たに与えられた。これらの駅を経由する場合でも「新快速、湖西線、堅田西びわこ経由、近江塩津行きです」(湖西線)、「新快速、野洲東びわこ、米原経由、長浜行きです」(JR琵琶湖線)などと、副駅名を含めて、アナウンスする。

悲願の琵琶湖環状鉄道化

 琵琶湖の環状鉄道化は戦後からの滋賀県の念願であり、2006年の長浜駅・永原駅から北陸本線敦賀駅までの直流化によって、その環境は整っていたが、人口増加による大津市の税収が増大したことにより、自治体主導で、ついに琵琶湖環状鉄道が実現した。
 京都駅を発着点とし、近江塩津でスイッチバックして折り返す。両線とも、普通電車が定常的に運転されているため、運転種別は琵琶湖環状快速(新快速に相当)のみであり、京都を出て、おおむね90分で、京都に戻ってくる。

停車駅

 湖西線方面が外回り、琵琶湖線方面が内回りである。内回りを示す。
  • 京都-山科-大津-石山-草津-野洲-能登川-彦根-米原-長浜-近江塩津-永原-近江舞子-堅田-おごと温泉-比叡山坂本-大津京-山科-京都

-- to do --
・新幹線との関連
・区庁舎の場所
・各行政区の特徴と区長



嘘
エイプリルフール
この記事は、4月1日に立てる予定です。この記事の中身は出たら目で嘘八百万です。
ジョークとか未来の妄想を楽しむためものです。えーとかいわない。


|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

メニュー