M-42


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

M42ダスター自走高射機関砲は、アメリカで開発された敵の航空機を攻撃する自走式対空砲。

概要
M42は朝鮮戦争の戦訓から自走対空車両の必要性を感じたアメリカ陸軍によって1952年に開発され1953年から配備された。1956年からはエンジンを換装したM42A1が制式化された。すべてのM42はゼネラルモーターズの戦車部門によって1959年12月までに3,700輛(諸説あり)が製造されている。

M41ウォーカー・ブルドッグ軽戦車の車体に全周回転可能な屋根の無いオープントップの砲塔を載せ、ボフォース社の設計をもとにした連装の40mm機関砲を装備している。給弾は四発入りクリップで一門当り毎分120発の射撃が可能だった。照準は光学照準のみ。車体前部にエンジン、車体後部にトランスミッションと起動輪が置かれ、転輪は五個、上部転輪は三個、エンジンに近接して車体前部に操縦手と車長兼無線手が乗り、照準手、射撃手、給弾手二名は砲塔に配置されている。

ベトナム戦争ではもっぱら地上掃射に活躍し南ベトナム解放民族戦線にはB-52の絨毯爆撃と共に恐れられていた。アメリカの他、オーストリア、ドイツ、日本、中東各国に供与された。陸上自衛隊には1960年から22輌が供与され、第7師団第7特科連隊第5大隊(現在の第七高射特科連隊)に集中配備されて1980年代の終わりまで長らく機動対空兵器として使用された。

1970年代中頃にはM42はアメリカ陸軍から退役した。

我が部隊では供与品が対空・対地両用の移動砲座として運用されている。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。