M14


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 M14アサルトライフルは、1957年5月に制定された戦後第1世代のアサルトライフル(バトルライフルと呼ばれることもある)である。
M14はWW2で活躍した傑作M1ガーラントにフルオート連射機構を組み込み、20発マガジンを装着して開発された。

使用する7.62mm×51は.30-06(7.52mm×62)をやや短くしたもので、弾道特性や威力に優れている。
銃口初活力はM16A2の1281フィート・ポンドに対し2594
フィート・ポンド、600ヤード地点での初活力はM16A2の323フィート・ポンドに対し855フィート・ポンドを誇る。
しかし反動が強く、フルオート射撃時のコントロールが難しい。

 ボルトシステムは伝統的なガスシステムで、汚れ・異物に強く高い信頼性を誇る。しかし、ピストンとシリンダーを備えたこのシステムはバレルの交換時、交換用バレルに複雑な加工を必要とする。

 また、狙撃用のM21など多数の発展・派生形モデルが存在する
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。