オートマグIII


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 初代オートマグを最後に生産していたアメリカのAMT社
(Arcadia Machine and Tool Inc.)が開発したマグナムオートシリーズ
 設計を担当したのは初代オートマグの設計者でもあるハリー・サンフォード。

ステンレス製なのは相変わらずで
初代オートマグの後継機として発売されているが
実際にはコルト ガバメントのコピーで外見も中身(閉鎖・作動方式)も大きく異なる。
初代オートマグが独自のターンボルトロッキングを用いたショートリコイルであるのに対し、
IIはストレートブローバックでIII以降はティルトバレルロッキングによるショート・リコイルである。
この方式はマグナム弾などの高圧弾には不向きで
オートジャムの汚名を返上しきれていない感がある。

我が部隊ではアルバトロスキー少佐が使用している
ちなみにアルバトロス飛行隊が使用している銃はM9000Sなので別
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。