マウザーc96 (レッド9)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

第一次世界大戦中に独逸軍により改造された9mm×19弾薬を使用できるマウザーc96自動拳銃、
本来ならば7,62×25mm弾薬を使用するものの正式採用拳銃であったルガーP,08が不足した為に予備として
このマウザーc96の改造版が兵士に支給された。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。