銃器爆弾


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

食堂のおばちゃんの愉快な仲間たちの所持する手製の爆弾
一見普通の銃器に見えるが、正真正銘爆弾で、弾が無くなると10秒後に爆発
その際に敵に投げると大ダメージを与えられる
弾も撃てて爆破も出来て一石二鳥である

初製作年月日:1991年2月9日
弾数:120発
縦:10.9センチ
横:14.3センチ
重さ:43グラム

歴代製造者

初代:レフ・ビャアウマニコフ・エッグスキー
2代目:セルゲイ・ドゥエンカニコフ・キカジリスキー
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。