司令用OS 「Albatross」


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

特殊部隊司令部で使用されているコンピューターのOS。
現在のバージョンは Ver2.0。
機能は

  • 強いセキュリティシステム(カーネル・ドラキュラが作成)
  • 隊員証に埋め込まれたICチップにより地球上のどこに居ても位置が把握可能
  • 武器、兵器の位置把握
  • レーダーシステムの一括管理
  • 特殊部隊情報全般の管理
  • 基地内、隊員のすべてのPCと接続可能
  • 自動操縦兵器の遠隔操作

など。

Ver,1.1の変更点
今までの処理が
1、Albatross起動
2、パスワード請求
3、暗号化
4、暗号化解除
5、パスワード照合
6、データへアクセス

新しいメカニズム
1、Albatross起動
2、データ送信
3、Southern Cross
  1、パスワード照会
  2、サーバアクセス
  3、パスワード確認
  4、ロック解除
4、データへアクセス

サザンクロス〔カーネル・ドラキュラ殿が開発したセキュリティシステム〕がセキリュティ部分を代行することでコンピュターが軽くなりました。

Ver,2.0の変更点

シベリアのほとんどの無線を受信、発信できるソフトを導入
天気図を受け取り、処理する事が出来る
メモリ容量を増加
ほかのPCや上級部隊の本部との通信がスムーズ
など
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。