RGD-33


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

RGD-33  オフェンシヴ/ディフェンシヴ・グレネード
ソ連製 スティック型破片手榴弾

第1次世界大戦後に開発され、1933年に採用される
第2次世界大戦を通じ、ヴェトナム戦争にも使用された歴史ある手榴弾
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。