SIG SAUER P226


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

SIG SAUER P226はシグ・ザウエル&ゾーン社が同社のP220の後継として開発した自動拳銃である。

P220の後継として作られたこの銃であるが、P220との違いは見た目ではわかりにくいが、ダブルカラムマガジン化が最大の改良点である。このため装弾数が9mmパラベラム弾仕様で9+1発から15+1発に増えている。.40S&W弾モデルと.357SIG弾モデルの場合は12+1発になっている。
長時間、水や泥の中に浸けた後でも確実に作動するほど堅牢であり、耐久性は非常に高いが、価格もP220より高い。米軍のトライアルでは、価格やマニュアルセイフティを備えないこと等からM92に負け、採用されなかった。
海上自衛隊「特別警備隊」がP226Rを、2007年6月28日の公開訓練で使用するなど、各国の軍隊(イギリス陸軍SAS、アメリカ海軍SEALs等)・警察などで予算的に余裕のある特殊部隊・機関では多く採用されている。


銃身長 112mm
ライフリング 6条
使用弾薬 9mm×19(9mmパラベラム弾)
装弾数 15発+1発
作動方式 ティルトバレル式ショートリコイル
全長 196mm
重量 845g
有効射程 50m
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。