Vz58


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

845mm 3.1Kg 7.62mm×39 30+1 チェコスロバキア製
Vz58は旧共産圏のチェコスロヴァキアで1958年に完成、制式採用された突撃銃である。Vz58とは「58年型自動小銃」を意味する“Samopal Vzor 58”の略称だが、本銃を開発したチェスカー・ズブロヨフカ社の略称に由来するCZ58の名前で紹介されることもある。
他の共産圏国の例に漏れずAK47と同じ7.62mmx39弾を使用し、一見するとAK47のコピーのように見えるが内部構造は全く異なる。
AK47がターンボルトロッキングを採用しているのに対してCZ58はボルトキャリアーに独立したロッキングラグを設け、その上下動によってボルトとレシーバーをロック、解除する方式を採用している。また撃発もAK47と違い、ストライカー式としている。他にもガスピストンの後退量やセレクターなどの違いがあり銃剣やマガジンまでもチェコスロヴァキアのオリジナル設計でAK47と共用できないという、旧共産圏の銃としては珍しい特徴をもっている。
コントロールも比較的難しくない。そのため、ソビエトもチェコスロヴァキアでのAK47の普及を諦めたと伝えられている。
またその優れた設計は、今日自由化し分離したチェコ軍でも、まだ大部分が本銃を使っていることでも伺い知れる(現在NATO参加の為に口径5.56mmx45弾のさまざまな銃をテスト中であるらしいが、その中に本銃の改良発展型も含まれているらしい)。
 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。