AKM63(AMD63)


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 ハンガリーのFEG(フェギバール・エス・ガスゲスレーケージ)が、1963年から生産していた突撃銃。AKMのライセンス生産品であり、別名AKM Hungarian。
ィがあるなど、数種類のバリエーションがある。7.92mmx33弾仕様のものも少数あったようだ。
当初はハンガリー軍の制式として広く支給されていたが、なぜか途中からノーマルのAKMコピーに切り替えられている。また、このAKMはヨーロッパでこそAKM63と呼ばれているが、アジアではAMD63と呼ばれていたりと、ややこしいことになっているらしい。

1965年にハンガリー軍に制式採用されたAMD65はAKM63のカービンバージョンで、短縮した銃身と折り畳みストックを持つ。
1969年に制式採用されたAMP69は、特殊部隊からの要請でAMD65に細かな改修を加えたモデルで、アタッチメントなしでライフルグレネードを装着・発射できるのが特徴である。フォアグリップは廃されているが、代わりにグレネード発射の反動を逃がすためにフォアエンドにスプリングを組み込み、リアストックにもショックアブソーバーを内蔵するなど、新たな改良が施されている。
AKM63 880mm 3.29Kg 7.62×39 5/20/30/40/75+1
AMD65 648(847)mm 3.21Kg 7.62×39 5/20/30/40/75+1
AMP69 637 (921)mm 3.95Kg 7.62×39 5/20/30/40/75+1

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。