ツァスタバM76


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1976年にユーゴスラビア(現セルビア)のツァスタバアームズが、AK47をベースに開発したセミオート式狙撃銃。
狙撃用にバレルを延長し、ストックとピストルグリップを換装。4xのスコープを装備し、ユーゴスラビア軍の標準的な狙撃銃として採用された。
基本の口径は7.92mmx57だが、輸出用として7.62mmx51と7.62mmx54Rのものも存在する。
1135mm 4.2Kg  7.92mmx57/7.62mmx51/7.62mmx54R弾使用 装弾数10 

ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。