一式戦闘機【隼】


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

一式戦闘機(いっしきせんとうき、いちしきせんとうき)は第二次世界大戦時の大日本帝国陸軍の戦闘機。試作名称(機体計画番号。キ番号)はキ43。愛称は隼、
総生産機数は5,700機以上で、旧日本軍の戦闘機としては海軍の零戦に次いで二番目に多く、陸軍機としては第一位。

スペック
用途:戦闘機
分類:軽戦
設計者:小山悌
製造者:中島飛行機
運用者:日本(陸軍)、満州国(飛行隊)、タイ王国(空軍)、フランス(空軍)、インドネシア(空軍)など、数カ国
初飛行:1938年12月
生産数:5751機
運用開始:1941年12月
当機は皇紀2601年(1941年、昭和16年)に制式採用されたため、下二桁をとって「一式戦闘機」と命名された。 以前より陸軍内部や、その活躍を報道する新聞紙上やニュース映画等においては、航空部隊や戦闘機の比喩表現として「荒鷲」「陸鷲」「隼」といった猛禽類の呼び名を用いており[4]、後に一般国民に対する宣伝の為、一式戦闘機には愛称として「隼」が採用された。太平洋戦争中には各マスメディアによる報道や、1942年(昭和17年)10月公開の映画「翼の凱歌」、1944年(昭和19年)3月公開の映画「加藤隼戦闘隊」といった両ヒット作を通じ、「隼」は広くこの名で全国民に知られ親しまれる事となった。
当部隊に配備されている一機はレストア機だが近代化改修されていて、エンジンや、武装、計器類、コックピットなどが最新の物アップデートされていて、性能と操作性が飛躍的に向上しているので寧ろレプリカに等しい。
性能はその辺のアクロバット用の飛行機に武装足したくらいです
byミハエル

ミハエル・コーネフスキー一等兵がウラジオ武器商社長から譲り受けた一機で彼の所有物である。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。