T-55


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

T-55はソ連で開発された中戦車である。
史上最も生産台数が多い戦車と言われており、ほぼ同じ形状のT-54も含め
その数は10万輌を超えると言われている

1958年に登場し、1970年代後半まで生産された、
冷戦時代には東側諸国を中心に主力戦車として使用されており
T-54とひとまとめにされてT-54/55と表記されることも多い。

我が部隊では損傷車2両と多数のスクラップを接収、
損傷車2両は戦車としての運用は期待できない為に本車の性能を鑑み
装甲兵員輸送車や装甲ドーザに改修されて砲塔は基地警備用のトーチカとして
特殊部隊の防御陣地に埋められて運用され続けている
スクラップは弾薬運搬車や指揮車、兵員輸送車への改造が提案されている
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。