絶望ハンバーグ工場in シベリア

※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

■ スレ名

絶 望 ハ ン バ ー グ 工場 in シベリア第16工場

■ URL


■ 前スレ

絶 望 ハ ン バ ー グ 工場 in シベリア第15工場
http://toro.2ch.net/test/read.cgi/siberia/1316011477/

■ 概要

やあ
ようこそ、絶望ハンバーグ工場へ
この工場は電波だから、まず聴いて落ち着いてくれ。
うん、「また」なんだ。済まない。
仏の顔三度までって言うし、
謝って許してもらおうとも思っていない。
だが、このスレタイを見たとき、
君は、きっと言葉では言い表せない
絶望や怒りみたいなものを
感じてくれたと思う。
急遽このスレを立てたんだ
では働いてくれたまえ。

(ここは、恐怖の絶望ハンバーグ工場…
入ったら最後、死ぬまでハンバーグをこねるしかない…
なんだ?この肉は?本当に牛肉なのか?
脱走を企てた奴もいるが、皆警備員に撃たれるか、
捕まって何処かに連れて行かれた…未だに帰ってこない…
君は新入りかい?
長生きしたければ、おとなしくハンバーグをこねるんだな…
おっと、警備員が来た。作業に戻らねば…
ぺちこねぺちこね…)


■ 解説

シベリアで運営されているハンバーグ工場。現在は第15工場。
元々はオカルト板で立ち上がったスレである。

工場という名目だが、ネタ的には収容所に近く、
住民は、監視を行う側と監視され強制労働に励む側に分かれて
工場の従業員になりきる。

書き込む際は

ぺちこねぺちこね
(○○○○)
ぺちこねぺちこね

のように、肉をこねる音の間に監視の目を盗んだヒソヒソ声で
会話を行うというものである。

ハンバーグを盗み食いしたり等、粗相を働くと容赦なく
警備員に撃ち抜かれたり、ミキサー室送りになるなどが
恒例のネタとなっており、作業員役の住民もワザと粗相を働き、
どのくらい監視員に見つからないか等で遊ぶスレにもなっている。
(所謂「ぬるぽ」「がっ」のようなもの)

最近は、「恐怖の絶望ハンバーグ工場!」の雰囲気が若干和らいできて
おり、現場や作業員の安全を守る従業員も来ている。

・加工ロボット

ハンバーグのタネとなる挽肉を作り、コンベアへ流すロボット。
製品のみならず工員の「管理」も行い、
警備員とミキサー室の役割を兼ねたような存在である。
しかし、工員の身体を気遣うような動作も多々見られ
ツンデレをこじらせているともっぱらの噂。

  ┌──┐
  ├──┤┓
  │II,,,┌──┐
  │ ;;;;|::━◎┥
  (只(88)  __ |叮
  └/◎|ミ|:[ ]|ミ|
  . (◎;◎|ミ|'─''|ミ|
    ̄ ̄ ̄  ̄ ̄


■ 他スレとの交流

・銃撃戦

工場内に囚われた仲間の救出と称して、過去にシベリア警察や
私設軍隊との戦闘が行われる等の交流が行われている。

・製品の出荷

「出荷先が謎の不気味な工場」との設定がある。
しかし、希望があれば他飲食店系スレへの出荷が行われる。









ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。