エリジェルオン・モゼイラム


スペック(エリジェルオンとしては標準的)


平均身長:1.8m
平均寿命:500年
平均出力:Gex5.0
系統種族:エリジェルオン系統人類
知性水準:一定しない

特徴


 テルミノ銀河系惑星モスディロス出身のエリジェルオン系統種。
 モスディロスはテルミノ銀河系における交通の要衝であり、人の行き来が大変に多いため、 種族は大半が混血であり、モゼイラムと言うのは実は種族名と言うより国籍名を現していると考えた方が近い。 パートナーを組む獣も、ベルロフォンエドレシフスと言った、他の惑星にもなじみやすい獣たちをそのまま連れてきている。
 当然、平均出力や平均寿命から大きく外れた特級の個体が出ることもある。

 そんなモゼイラムの数少ない特徴が、 宇宙進出した人類には珍しく信仰心に厚いこと。 かつて、モスディロスには神がいると言われていた。実際にいたのは神ではなく達観した巨大海竜族モズィエランだったが、彼等はそれを神として信仰していたのだ。
 で、現在惑星の政権を担っているのは神官たちの会議、竜神官会議である。モズィエランは神ではなく巨大な竜であると分かった後も、この流れは揺らいではない。
 信仰と言っても決して無理な教義を他人に押し付けるようなことはなく、(モズィエランの正体が竜であると分かる前には多少はそういった動きもあったようだが、現状ではない)むしろ 星間変動に巻き込まれた難民などに積極的に保護を加え、市民には自由を認め、科学の力も無碍に否定していない など、信仰をよい方向に働かせているようだ。

個体設定

エチコ・ラーエ フォルジー大神官に仕える小間使いの少女というか巫女で、フォルジーの数少ない同世代の友人。
フォルジー 「竜神」モズィエランに使える大神官で形式的には惑星代表。青髪で、目が見えないが存在場透視の能力を持つ。少女にして惑星代表と呼ぶにふさわしい奇跡の品格も備える。
ベボラス・ビュート 竜神官会議神官長で、幼いフォルジーに代わって惑星代表代行をつとめるほかエリジェルズネスト下院議員。フォルジーを見出し、惑星代表として優れた人物に養育した。


デザイン・プロフィール :惑星ウィルトリア以上に中世的な面影を残した宇宙都市、として作ったのがモスディロスである。モスディロスにモズィエランとフォルジー大神官を置く、と決まった時、信仰も行う種族としてのモゼイラムの方向性が決まった。