ウィルトリア


登録日 :20??/??/??(日) ??:??:??
更新日 : 2013/09/19 Thu 01:15:26




天体名 惑星ウィルトリア
所属銀河 アトラス銀河系・ソロメール腕
サイズ 直径14000km
その他 衛星フェトケイムあり
出身種族 ウィラメール(別惑星出身・移住型)
ウィルプース・ペピベロン

概要


 アトラス銀河系外縁部・ソロメール腕の第1種大型惑星。
 アトラス連合の有力監視者種族ウィラメールと産業革命前夜の消費者種族ウィルプースを輩出している。
 また、衛星として少し赤みを帯びた大気のみが存在する衛星フェトケイムがあるが、ここはウィラメールが宇宙港として開発している。ウィルプースの文明水準では、まだ月面の宇宙港に気づくことすらできない)

 中央部に大きな大陸があり、そこに標高1万mを超す、ヴォミザールと名付けられた大山脈があり、ウィラメールは山脈内部で、里といった水準での暮らしをしている。
 また、その中に惑星全体の3%を占めようかという広大な砂漠、ウォルドマーヌがある。これは、かつてヘクトジェネラルとセラム・ウィラメール連合軍の古戦場であり、所々にウィラメールの化石が点在している。大出力で激突した影響は今日まで残り、未だに不毛地帯を作ってしまっているのだ。(惑星全土を不毛地帯にしないために、選ばれた戦場であるとも言えるが)
 ただ、そこ以外の自然は往々にして豊かである。ウィルプースの都市もそこかしこにあるのだが、彼らの文明水準ではまだ惑星環境に変動をもたらすような大規模開発は無理で、夜になればほとんど都市も消灯してしまうため、宇宙から見れば夜は明かりもほとんどないのだ。

 宙域的に、セラフィック回廊の入口にあることから外縁部にありながら要衝としての価値がある。30万年ほど前、ここをヘクトジェネラル軍が占拠した際に戦場となっているのだ。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/