シャルバロン銀河系


登録日 :20??/??/??(日) ??:??:??
専用スレッドアジアンテイストな楕円銀河を煮詰めよう
更新日 : 2014/08/17 Sun 01:58:47




全景画像(G-ma氏描画)


名称 シャルバロン銀河系
分類 楕円銀河
規模 直径11万光年
所属銀河団 リーヴァス・アヴィエラ銀河団
(6大中心核・第4銀河)
リアル対応 M49銀河
主要系統種 シャルバーラ系統人属
ヤトノワル系統人属
ギドラ系統竜属など
腕など なし
コンセプト アジア風銀河
メインページリンク こちら

概要


 リーヴァス・アヴィエラ銀河団の6大中心核、第4銀河にあたる大型の楕円銀河で、直径は11万光年に達する。リーヴァス・アヴィエラ銀河団のアトラス・イグザ銀河団側の玄関口にあたる。アトラス銀河系からは4800万光年離れているため、超高速船の定期便を利用したとしても、シャルバロン銀河系まで来るには片道で2年近くをかける必要がある。

 比較的進化した文明種族が多く、高位開発者や監視者の率が高めではある。
 特に文明社会上の盟主格メズシュリーは、リーヴァス宙域でも指折りの賢者種族で政治上手として知られているのだが、一方で戦闘神族と目すべき種族が少なく、リーヴァス銀河団防衛にとっては穴とよぶべき銀河系であった。(強大とはいえ、監視者クラスではないクベラーヴァ種に防衛の中核を担わせなければならなかったほど)また、銀河の4割近くが小規模勢力の乱立状態で有事に組織だった行動がとれるかどうかも懸念されていた。
 しかし、アスレイジュが育ち、小規模勢力をコロンガル銀河連合としてまとめあげたことにより、シャルバロン銀河系も強大な守護勢力を持つに至った。
 特に1万3000年前、ヴァーツの終末艦隊が侵攻した際、多数の損害を被ったものの、見事セイヴァネスロードの援軍が来るまで持ちこたえ、見事に撃退に成功している。

 現状、大型勢力はコロンガル銀河連合ジウサーズ惑星共同体ヴルティーラ星間同盟の3勢力。シャルバロン危機の際にはこの勢力間で内紛も起こったが、現状はおおむね平和が維持されている。
 ただし、軍事面でのアスレイジュへの依存度がやや高いことには、懸念の向きもあるようだ。 

デザイン・プロフィール :2009年8月にG-ma氏、かくかく氏、Yoshi坊氏らとオフ会をした際、作ったのがアスレイジュであるが、その出身銀河をどうする、という話になった際(当初はオーディエル銀河系を考えていた)、新銀河を作ろうと言うことになり、結果M83(現ハドケウリ銀河系)、M64(現ジェネフィル銀河系)等の候補を抑え、M49銀河系が割り当てられ、シャルバロン銀河系になった。
名の由来は中国奥地の伝説の都市、シャンバラ王国で、阿修羅神アスレイジュ、文殊菩薩メズシュリー、天狗テガルラといったアジア神話にモチーフ元を持つ種族を割り当てるようにしている。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: