ホルキア・ピジオス


登録日 :20??/??/??(日) ??:??:??
投稿先No.
更新日 : 2014/07/01 Tue 01:50:03



名前 ホルキア・ピジオス
種族 エリジェルオン(イグドロン系亜種)
体格 身長200cm
主な能力・地位 レホルリン神獣騎団鷲熾将、ディガス正大使
親族関係
主要活躍宙域 イグザ銀河系テルミノ銀河系
スペック Gex11.0、空中戦の達人で戦闘能力だけならレホルリン最強級
活躍年代 基準時前後
メインページリンク こちら

画像(いずれもJun氏描画)

第1版

第2版

プロフィール

 エリジェルオン・イグドロン種で、レホルリン神獣騎団の鷲熾将にあたる。
 相棒は言語を解し、風を切り空を舞う猛禽類イグワッド種のブレアゼート。

 常に長大なジャペリン型の槍を携えているが、ブレアゼートにまたがって華麗に空を舞い、空中で一本を取る様は芸術のようであり、 前線戦士としてはレホルリン神獣騎団最強 と言っても間違いないであろう。
 ただし 性格は他と比べてがさつでけんかっ早い面が強く、相棒のブレアゼートに茶化されては槍の石突きでブレアゼートの頭をいつもどついている漫才コンビ。 同じく前線型の火炎法術師テルトア・ニスコーヴとはお互いの実力こそ認めているもののどうも反りが合わない。

 あまり似合っていないと四六時中言われているが、ディガスの正大使としての地位も持っている。
 テルトア・ニスコーヴに推薦が来ていたのを彼から「ディガスの賢者と触れ合って丸くなってもらおう」と思って回されたものだが、ホルキアは同じく豪快肌のヴェイガル種、ミラ・ゼノキス正大使と意気投合してしまい、もくろみは大空振りに終わった。
 それでも、職務上高位大使のカムエス・カーネルがいないときには、彼がテルミノ系のディガス代表代理としてカムエス・カーネルの代行を行うのである。

デザイン・プロフィール :「猛禽にまたがる騎兵」のイメージはレホルリン神獣騎団考案時から既にあり、それを実現させたのがエリジェルオン・イグドロンとホルキア&ブレアゼートのコンビである。
性別から違うが、性格面で「灼眼のシャナ」のマージョリー・ドーとマルコシアスのイメージがちょっとだけはいっていたりする。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/