ヘスペクトン


全景画像(G-ma氏描画)



参考

メインページ設定はこちら

概要

 アヴィエラ銀河系の大型惑星で、農業技術で名高い監視者ヘスピカンを輩出している。
 特徴的なのはそのヘスピカンの管理であり、ほぼ全土が超巨大な畑、牧場、果樹園などの農場として管理されており、宇宙から見ると季節が育てている作物の色で分かってしまうほどだ。もちろん、休耕地もあり、大規模な雑木林となっているところも少なくなく、そこにもきっちりヘスピカンの手が入っている。
 目立った水圏はないが、これもヘスピカンが地下で水をきっちり管理しているゆえにできることである。
 4つの軌道リングがあり、巨体のヘスピカンを宇宙に運ぶことと宇宙からも農場管理をするという2つの目的があるのだ。

 「手つかずの自然」はほぼ影も形もないが、人が手を入れた自然が全土にわたるのがヘスペクトンである。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/