カロメイム・レイロン


登録日 :2010/08/06 Fri 08:22
投稿先鰤スレNo.32
更新日 : 2013/09/29 Sun 19:08:08



名前 カロメイム・レイロン
種族 スピオアレス(混血)
体格 身長160cm
主な能力・地位 ブリガンディゲード団員
格闘術、治癒術を用いた敵身体の破壊
親族関係
主要活躍宙域 アトラス銀河系
スペック Gex4.2~Gex8.0(装備開放時)
活躍年代
メインページリンク

プロフィール


スピオアレス混血の女性で、アトラス銀河系ブリガンディゲード所属。
 スピオアレスらしく癒やしの能力に優れており、セラムディガス正大使にしてブリガンディゲード団員、ルリエ・スフィエルに師事している。

  本業は格闘家。腕っ節だけでも十分な実力者だが、何より彼女の能力で特殊なのは癒やしの力を逆に生体の破壊に用いる拳法を使用することが可能 であること。命中すれば生命である限りダメージを免れない威力がある。
 しかし、基本的に治療に高い価値を見いだすスピオアレスにとって、 癒やしの力を「逆用して破壊に用いる」などは価値観的に到底容認し難い ことらしく、周囲から非難されることは少なくなく、両親とも事実上絶交状態になっている。(戦士や軍人をすると言うだけではここまで非難されることはない)
 しかし、本人もその技の恐ろしさは十分自覚しているものの、本人の力としてそう言う技術を持っている以上、その技術を生かすべきであると考えており、あちこちからの非難もその信念を揺るがすには至っていない。

 基本的には面倒見も良い優しいお姉さんと言った風情だが、負けん気が強く頑固な側面もあるようだ。


ティガレストブローク


 レイロンの装備するアストラルアームズ。 
 普段は左腕に装着されている小型の手甲だが、発動した時には、左半身と右腕を覆う装甲となる機能を持つ。
 これにより、彼女自身の純粋な攻撃力も強化され、この状態で放つ攻撃はただの打撃であっても超物質をも容易く粉砕する威力を発揮する。
 彼女の生体破壊能力も最大限に増幅されるようになっており、例え相手より遥かに大型の生物でも相手の細胞、骨格、臓器などを瞬時に破壊して致命傷を与えられる。
 最大出力時には並みのザイオロードゾアクロイドすらその再生能力を上回り、当たり所が良ければ、ほぼ一撃で戦闘続行不能にする事が可能である。
 当然、彼女自身の会得した格闘技と併用する事で、他種多様なパターンで攻撃を放つ事ができる。

デザイン・プロフィール :元ネタは「ダイの大冒険」に登場した、 僧侶から武闘家に転職したマァム である。
スピオアレスを考案した段階で名前と「癒やしの力を破壊に用いて同族から爪はじきにされている格闘家」という草案は既にあったのだが、一度流れたので再度掘り起こした。ブリガンディゲード所属の設定は掘り起こした際に改めて作ったもの。
大ネズミくんも作ろうかと言う話もGma氏から出ていたりする。
例によって作中でマァムが装備していた「魔甲拳」と言う外形を示して、アストラルアームズは飛石氏に作っていただいている。(thx!)


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: