※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ステア・ヤーデルン


登録日 :20??/??/??(日) ??:??:??
投稿先
更新日 : 2013/11/04 Mon 02:07:03



名前 ステア・ヤーデルン
種族 ユスラビオン
体格 身長159cm
主な能力・地位 イグザ銀河連合同盟惑星統治顧問、六星碩の一人
親族関係 妹:ステア・ラピルリス
主要活躍宙域 イグザ銀河系
スペック Gex5.6
活躍年代 基準時前後~1万年後(クロイティス銀河大戦時)
メインページリンク

プロフィール


 ユスラビオン種の女性にして、 1000歳にも満たない年齢で星碩に名を連ねた天才 である。
 職業は同盟惑星統治顧問で、新たに宇宙進出した惑星に赴き、その惑星の自主性を尊重しつつ星間秩序に溶け込ませることがその主な任務である。
だが、いくつもの 「処遇困難」と言われた惑星や、他文明に食い物にされかかった惑星を無事に星間秩序に溶け込ませており、 「文明の母」として彼女を信仰同然にあがめる文明は30ではきかない。
 星碩であるが、意外と行動的な人物でもあり、行動力も同盟惑星統治顧問の仕事を成功させる、欠かせない一つの要素である。
 ちょっとです口調で、赴任先の惑星の植物を集めての園芸が趣味である。

 補佐官としてセドリム・エスフリール(リディオナン種)がついている。
 双子の妹、ステア・ラピルリスは畑違いであるが、こちらも星碩に名を連ねる大賢者である。
 EUC2070年以降はケイロアス星間大学前学生会長チェルン・スピンディアを弟子入りさせている。

 クロイティス銀河大戦の際、ヴァーツ侵攻にうろたえる、かつて自分が導いた惑星を1万1千年近く生きた老体に鞭打って叱咤激励して巡った。
 ヴァーツ撤退後、彼女はその激務がたたって死亡するが、その際彼女を悼んだ人物の数はディガス大使長や銀河連合のトップの死亡時を上回っていたと言われる。

デザイン・プロフィール :モデルは ローゼンメイデン」に登場する翠星石 である。名前も、翠星石のドイツ語名、「ヤーデ・シュテルン」をもじったもの。
「星碩」を決める際、「せいせき」つながりで翠星石を入れたという経緯がある。と言っても性格は性悪系ツンデレではなく、むしろ植物を育てる能力からこの役目をあてがった。実は妹ラピルリスと合わせ、ローゼンモチーフキャラで一番最初にできた最古参キャラの一人。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: