※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

オビリック会


登録日 :2011/03/13 Sun 03:15
投稿先プロジェクトGDW・クロイティス銀河大戦No.15
更新日 : 2014/11/04 Tue 00:01:58




名称 オビリック会
筆頭 特段代表者は定められていないが、中心にステア・オルヴィエルがいることが多い
本拠地 アトラス銀河系
組織的性質 親睦団体(大学などのサークルに近い)
メインページリンク こちら

概要


 基準時から9000年後の危機で保護されたステア・オルヴィエルはとても社交的な人物であった上、ブリガンディゲード団員、ケイロアス星間大学卒業の歴史研究者、格闘術者などいくつもの顔を持っていたため、アトラス銀河系およびハドケウリ銀河系をまたにかけて友人がとても多く、その仲間たちの集まりが総称してオビリック会と呼ばれることがある。

 別段総裁や組織の規定が決めてあるわけでもなく自由度はかなり高いが、その輪の中心にはオルヴィエルがいた。また、その分それでも残る人物の結束力は高いと言える。

 基本的に親睦が目的であり、オルヴィエルがジェネティックであるためジェネティック仲間が欲しかった者、格闘術を学びたかったもの、大学時代の学友など立場はまちまちである。
 ただし、個々人のスペックは意外なほどに高く、その気を起こして活動した時の実力は決して低くない。

 オルヴィエルの人脈が広く、その他会員の人脈も合わせて、顔の広さは相当なものがあり、例えばオルヴィエル保護に関与したディガスとも縁がある(といっても、戦力や協力者としてあてにされているわけではない)のだ。

 クロイティス銀河大戦前夜、アトラス銀河系で仲間たちが集まっており、勃発した大戦で彼等は他の青年団とも合流し、中心のように活躍することになる。
 彼等の活躍は後にオルヴィエルがクロイティス9女傑の一員と認められる一つの原因となった。

メンバー

(青い名前は飛石武氏提案キャラ、赤い名前はGma氏提案キャラ)

アルヴィクター・
デリヴォルド
ヴェイガル 風来坊で鍛錬を重ねてきた若年個体で、オルヴィエルやティオパールをライバルと見ている。
絵にかいたような熱血漢で、根性などの精神論を重んじるが、悪く言えば単純な性格(爆)。
(飛石武氏提案キャラ、ネタ元:「とある禁書」削板軍覇)
アルスール・
ラブルック
リギロクス 青い体毛と常ににやけた顔つき。ティオパールに一目ぼれしてアプローチを続けるうちに仲間入り。
しかしかわいいと思った異性にはティオパールでなくてもナンパを仕掛ける。
(飛石武氏提案キャラ、ネタ元:「とある禁書」青髪ピアス)
ヴァージスト・
アルクェイオス
ベルディック ガディム族。白亜の甲殻に紅いラインが走ったような姿。
元々アトラス連合軍人だったが、ひょんなことでオルヴィエルと共闘し友人となる。
生真面目で実直だが火がつくと止まらない。
(飛石武氏提案キャラ、ネタ元:「機動戦士ガンダムUC」ユニコーンガンダム)
イリアステ・
アルナタシア
コアトーン イリアステ・スノーアの子孫。歴史学でオルヴィエルの同門。古代記録の翻訳読解の名手。
テレポートや遠地召喚術が得意。とんでもないいたずら好き。
(元ネタ:「リリカルなのは」ルーテシア・アルピーノ)
オルタナ・
フィリギース
ブイオリノン 人間体では日本人形のような長い髪で、獣化形態では黒猫型。ケイロアス大OG。
体液がキュリアキアンに対して毒物になる体質。大人しく自己主張は少ないが微妙に影が薄い。
(飛石武氏提案キャラ、ネタ元:「とある禁書」姫神秋沙)
グラシュエル・
ウィンゼル
セラム 自身の存在意義に悩むものの、オルヴィエルに救われて立ち直った。
潜在能力は極めて高く、単身で宇宙活動や宇宙戦闘可能。
性格は大人しくお淑やかだが、仲間の危機には敢然と立ち向かう。
(飛石武氏提案キャラ、ネタ元:「とある禁書」風斬氷華)
クラーサ・
トパス
ピステクトーミ サジテイルゲイト・テクトラクタ在住。
ビルネの頼れる相棒の整備屋。蓄財もしているが、いざという時の放出は惜しまない。
(元ネタ:「艦これ」工作艦明石)
グロピテン・
シャンザル
ショッケーガ ブリガンディゲードにも所属。
元スポーツ選手だが、高すぎる身体能力に任せて相手に大怪我をさせ、怖くなって選手を引退。
格闘技に転向して入った。単純な戦闘の実力は二軍クラスだが、強力な蹴り一撃あたりの打撃力は最強クラス。
(元ネタ:「魔法少女かずみ✩マギカ」牧カオル、ただし性転換)
サルバデス・
ガーロス
ゼプト ケイロアス大OBでオルヴィエルの元同期でかつてはよくぶつかっていた。
今でも興奮すると暴力的かつ短絡的になることもある。
(飛石武氏提案キャラ)
シアス・
リグネフィナ
フュンフェーギ イグザ銀河系の大企業の社長令嬢だが、家出同然に放浪。厄介事に首をつっこむのが大好き。
爆薬やエネルギー弾をいじるのが好きと言う危険な趣味の持ち主でもある。
(元ネタ:「リリカルなのは」アイシス・イーグレット)
ジェノア・ローヴ ゾーリック ミャルトップの妹分に当たるゾーリックで、ほかならぬゼルガ・ローヴの娘。
人見知りな性格をしているが、単純なタイマン戦闘ならオビリック会最強の実力者。
(元ネタ:「リリカルなのは」ジークリンデ・エレミア)
シェリオ・
クリスタ
ギャロネック 女性人格。基準時のケイン・クリスタの子孫。
ケイロアス星間大学OGで、語り出すと止まらないウンチク屋。
(G-ma氏提案キャラ)
シェレリアス・
クラウディーネ
ユスラビオン ケイロアス星間大学OGで、首席で卒業した天才肌。慇懃で刺激を求める性格。
アトラス連合の政治的な職務に就き、そちら方面からもオルヴィエルをサポートしている。
(飛石武氏提案キャラ、ネタ元:「とある禁書」雲川芹亜)
シュイートゥ ファムシアン
(ポッパー)
ケイロアス大近辺の企業で修行した料理人。
現在は主にスイーツなどお菓子作りをしており、オビリック会にもその縁でひきこまれた。快活で人当たりがよい。
(飛石武氏提案キャラ)
ステア・
オルヴィエル
ユスラビオン かつて創造者との交感役を担ったとされるユスラビオンのクローンで、人工強化されている。
アリエル帝国から保護された。宇宙船ベルグリウスとリンクして動かす能力を持つ。
格闘術が趣味で、歴史学ではケイロアス星間大学を優秀な成績で卒業。ブリガンディゲード団員でもある。
元ネタ:「リリカルなのは」高町ヴィヴィオ
チェリア・
マルシア
スピオアレス ケイロアス大OGで、現在は小説家。
ミーハーでメンバーの恋愛の状況をいつも聞いてくるギャルのような性格。
(飛石武氏提案キャラ)
ティオパール・
ヴェクトレス
グニパリル
シェトパリル
の混血
ハイゼル属性を持った、混血の格闘術者。
大人びた礼儀正しい性格で、戦闘能力はオルヴィエルの一枚上手だが、相手に敗れるとすぐに落ち込んでしまう。
(元ネタ:「リリカルなのは」アインハルト・ストラトス)
ティニー・
ゲーゾル
ジルカナン 緑色の体躯でやや太っている。
空気が読めない天然ボケだがその分ムードメーカーの意味もある。
((飛石武氏提案キャラ、ネタ元:ミニラ)
ヘルディ
ガーク
ゾイドノイド 旧世代ジェネティックであるが、ゴーディスの古い実験施設で放置されていた所を救助された。
ベルグリウスのクルー役でもある。クールで達観しており精神年齢が高く、オルヴィエルなどに敢然意見することも。
飛石武氏提案キャラ
ノイン・
タッチィ
サイラム 剣術の名手でなかなかのハンサムだが、とんでもない女好き。
ケオーウィの右目を見てしまい、それ以降執拗にケオーウィを追い回すようになった。
元ネタ:「らんま1/2」九能帯刀
パージョン・
ハルトリー
ペイスフィン ケイロアス大OGで、オルヴィエルが所属していたリセルタチームのメンバー。
当時からオルヴィエルをライバルと見ており、特に嫌っているわけでもないが張りあうような言動をする。
(飛石武氏提案キャラ)
パス・イエル レイオシス オルヴィエルの学友で、雌性期(レイオシスは若年期に雌性期、その後に雄性期を迎える)には
オネルエス図書館司書試験の勉強をともにした仲。
現在は図書館専属の司書。雄性期が早く来たため、若干ホモっ気がある。
(元ネタ:「這いよれ!ニャル子さん」ハスター(ハス太)
ビルネ・
レイカック
ファルセナン サジテイルゲイト・テクトラクタ在住。
酒飲みの豪快な姉御肌。優れた技術者でもあり、ベルグリウスの整備を担当。
(元ネタ:「艦これ」軽空母隼鷹)
ブルード・
アイスティン
ネヴィリアン ケイロアス星間大学のオルヴィエルの同期。
入学当時世間知らずな所もあったオルヴィエルのツッコミ役で、付き合いはかなり長い。
(飛石武氏提案キャラ)
ブロドーラ・
シェリー
アークス アークス(GDW地球人)の料理屋の娘。
ものすごい仕切り屋で、たまにオルヴィエルやティオパールが頭が上がらないことがある。
事務的な仕事を引き受ける。
元ネタ:「とある禁書」吹寄制理
マローリー・
ザイーネ
サンドリアン 視力補強用のバイザーをかけた青年。オルヴィエルの学友で今なお勉学にはげむ。
理論家肌だがどこかずれた所がある。何かと演説じみた話し方をする。
(飛石武氏提案キャラ)
ミャルトップ ハーディシアン アトラス・テクトラクタでオタク趣味で鳴らしたハーディシアン。
元戦闘何でも屋だが仕事で貯めた金で遊び暮らしている。
非常にノリがよいが、性格はドSかつかなり強い。
元ネタ:「這いよれ!ニャル子さん」ニャルラトホテプ(ニャル子)
ミュレイン・
マーキル
ウィラメール ケイロアス星間大学の行事でオルヴィエルと知り合った若年個体。
礼儀正しくて純真だが、オルヴィエルを妄信的に慕い、刃向かう者には容赦ない。
(飛石武氏提案キャラ)
ラシス・
アイスティン
リーヴェアシス
(?)
ケイロアス星間大学OGでブルード・アイスティンの妻。
温厚だが時には男性相手にも突っかかっていく芯の強さを持つ。
(飛石武氏提案キャラ)
ラナート アルティノイド オルヴィエルやシェーラと共にアリエル帝国から保護された。
ふさぎこんでいたが立ち直り、明るく積極的に他人の輪に入ろうと努めている。元性別は♀と推定されている。
(飛石武氏提案キャラ)
リーマー・
ルルミール
トラマラズル ハドケウリ銀河系出身。女性人格。温厚で仲間思いな性格。
オルヴィエルがシウ・ガルパロールの下で修行していた頃の友人。
(飛石武氏提案キャラ)
ロルドーク・
シャルべス
ヤックディラ ハドケウリ銀河系出身でオルヴィエルの修行時代のサポート。
オルヴィエルのハドケウリのコネクションの中心人物の一人。
(飛石武氏提案キャラ)

ノーグレック団

 ガムス・ナーガに乗っていた青年団。大戦に前後してアトラス銀河系にやってきた際、オビリック会と意気投合してともに活動するようになった。(メンバーは工事中)
ポード・
チャッぺル
カルガドラー シティキャリアで女医をしていたカルガドラー、ポード・ボクシアの息子。
甘えん坊な性格だが優れた医者でもある。
元ネタ:「ウルトラマンタロウ」チンペ
ラクシェイル フェアルフォイ すぐにどこかにいなくなってしまういたずらっ子。
花火が好きで、爆薬使いのシアス・リグネフィナを慕う。
元ネタ:「ウルトラマンタロウ」フライングライドロンの子ども
リトフィクス・
パローヌ
ベルクリット ベルクリットとは思えぬちゃきちゃき放浪ルンペン。
最年長で種族的にも最格上だが、性格上あまりそう見ては貰えない。
戦闘能力も種族的には並程度(ただしベルクリットなので並でも凄腕である)
元ネタ:「リリカルなのは」雷刃の襲撃者(レヴィ・ザ・スラッシャー)
ンディゴ・
クォンカ
シャズバト シティキャリアでバイオパーク管理人をしていたシャズバトの息子でチャッペルの兄貴分。
食べ物を探すのが得意な大食漢(太ってはいない)。
元ネタ:「ウルトラマンガイア」シャザックの子ども

その他

ケオーウィ メルグリア かつてイリアステ・スノーアが保護したメルグリアの生き残り。
社交的な性格ではないが、スノーアの子孫であるアルナタシアは可愛がっており、その縁で多少の面識があるらしい。
元ネタ:「ROZEN戦記」ケイオス
シェーラ・
ソルピーノ
レイヴレイズ ステア・オルヴィエルと同時期に保護されたレイヴレイズの強化体。
人工改造で得た強大な精神干渉能力で下っ端兵を死を恐れない兵に変えられるが、その代償に目が見えず体が弱っている。
オルヴィエル以外にあまり顔を見せない。
元ネタ:「ヴァルプロ」詩帆
ラッヘン アルトゼル アルトゼル最後の生き残りとして、オルヴィエルやシェーラなどアリエル帝国からの保護組の長兄役であった。
旅に出てしまって会に参加することはなかったが、メンバーの何人かとは試合などで面識あり。
オビリック会でラッヘンにタイマンで太刀打ちできたのはジェノアだけであった。
元ネタ:「ウルトラマンガイア」銀色の眼のイザク

デザイン・プロフィール :「魔法少女リリカルなのは」のヴィヴィオをモチーフにしたステア・オルヴィエルを活躍させるにあたって、彼女にはむしろ様々な仲間がいた方がいいかと考え、 オルヴィエルの仲間としてオビリック会を考案したもの。 リリカルなのはに限らず、様々なモチーフキャラの巣窟と化している。(とある禁書がブームだったためか特に多い)
単なる義勇兵団ではなく自由度が非常に高いのが特徴であり、チートスペックがなくとも相応に活躍できることから、遠銀河の開発者種族などにもノーグレック団との合流と言う形で活躍させることにしている。
便利さが受けたのか(ぇ)飛石武氏&G-ma氏が大量に投稿してくださっている。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: