※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アルトゼル


登録日 :2011/09/03 Sat 23:00
投稿先GDW新設定草稿(ケンタウルス座銀河群編)No.43
更新日 : 2013/09/16 Mon 03:48:40




種族名 アルトゼル
所属銀河 ハドケウリ銀河系
主活動惑星 惑星アルテセル(崩壊)
所属大系統種 テブラミス大系統麟属
所属中系統種 シェトラップ系統麟属
知性水準 監視者
平均体格 2.7m(4足歩行時)
平均寿命 4000年
平均出力 Gex6.5
その他特殊 ザイオノイド
メインページリンク こちら

種族の特色


 ハドケウリ銀河系の惑星アルテセルに生まれたシェトラップ系統の監視者種族。
 しかしながら、後述の因縁から個体数は極めて少なく、基準時の生き残りが死んで絶滅したと見られていたが、基準時の9000年後に1体が見つかっている。

  ケンタウルス体型のトラといった風情のエイリアンだが暖色系の色をした長い髪を生やし、更に頭部に角状に変化した部分と腰まで伸びる髪状の部分を併せ持つ
 通説ではグニパリルジーザと五分のスペックを持っていたと考えられているが、伝説の中で誇張されていて両者をはるかに凌駕したなどとも伝わっている。ただし、原則として四足形態でグニパリルのような二足歩行は例外的であった。

 極めて高い運動能力と、恐るべき気高さと美麗さを持っていたとされ、プライドが高いことで有名なグニパリルも、アルトゼルを前にしては単に鼻っ柱が強い悪ガキ程度にしか見えなかったとされる。しかし、アルトゼルのこの誇り高さは、融通が効かないという側面もあった。それがまたとない隙となり、やがてナグロスファ友邦軍が起こってしまったとされる。
 アルトゼルはナグロスファ友邦軍を相手にしても果敢に応戦したが、勇猛な戦神であった彼等もやがて抗しきれなくなって(プライドが高すぎてバリクラット条約機構等に援軍要請をしなかったことも一つの原因であるとされる)、遂には出身惑星アルテセルが破壊された。

 さらに、アルトゼルは個人レベルですらもナグロスファ友邦軍に投降する者はほとんどおらず(ナグロスファは非道ではあったが降伏した者を虐げることはなかった)、降伏する位なら最後まで戦って散ると言う発想の個体が多かった上、別銀河に逃亡することも誇り高い彼らの多くは拒絶した。このため、ナグロスファによる「アルトゼル狩り」は凄惨を極め、ナグロスファにさっさと降参して生き延びた第2神族ヤックディラとは対照的な末路となっている。

 グニパリルの価値観にようやく変容が起こった後はすぐさま惑星破壊およびアルトゼル大量虐殺に対する謝罪が行われ、生き残ったアルトゼルの捜索が行われたが、時既に遅くいくら捜査してもアルトゼルの生き残りはほとんど見つからなかった。
 基準時においてはほんの数人ほどしか残っておらず、その僅かに見つかっていた個体が寿命を迎えるのと同時に絶滅したものと見られていた。
 しかし、基準時の9000年後、アリエル帝国が一体のアルトゼルを捕獲していたことが発覚し、保護されている。


個体設定


個体名 性別 プロフィール
アキ・ロガーン 基準時に確認されていた最後のアルトゼル。アルテス同盟団の総大将で、ナグロスファ友邦軍との歴史的和平を成立させた。
(ネタ元:「流れ星-銀-」より銀)
ラッヘン 基準時の9000年後に発見された、アルトゼル最後の生き残り。誇り高い性格でアリエルには断固拒絶姿勢であった。二足で立ち上がれる強化を施されている。恐るべき格闘の実力者でステア・オルヴィエルティオパール・ヴェクトレスの二人がかりをあしらう。
(ネタ元:「ウルトラマンガイア」よりイザク(イザクプラチアード))

デザイン・プロフィール :イメージソースはNASA氏の推薦によってウォッチした、「ウルトラマンガイア」に登場したイザクの原種にあたる絶滅獣アルテスタイガーである(系統種の問題でケンタウルス体形となっているが)。もとより個体が先行してできた種族であったが、うまくエピソードがまとまり、ハドケウリ銀河系の歴史を彩る名種族となった。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: