ミャルトップ


登録日 :2012/07/15 Sun 01:30
投稿先ATモブ地区物語No.46
更新日 : 2015/12/29 Tue 01:46:55



名前 ミャルトップ
種族 ハーディシアン
体格 身長1.7m
主な能力・地位 元戦闘関係の何でも屋、現在は蓄えで暮らしている
親族関係
主要活躍宙域 アトラス銀河系
スペック Gex7.5
活躍年代
メインページリンク こちら

プロフィール


 アトラス・テクトラクタにこっそりと住んでいる混沌の化身ハーディシアン。
 同種族のジルクと同じタイプで、長い銀髪と触角のように伸びた毛が美しい。
 素体はやや暗めな灰銀色。
 既に万年以上生きており、戦闘等には興味があまりない(「ケンカ」は好きらしく、たまにドSな本性が顔を出す)。
 強力な戦士には違いないが、種族的に見ればごく普通程度の実力である。

 デル・ヴォスには一応参加しているものの、義勇兵団の戦士としてではなく単なる互助ネットワークへの参加に止まっている。

 とんでもないオタク趣味。
 あまりに自然にオタクとして振舞うので、周囲はミャルトップの外見を見ても「変わった種族だなぁ」と思うだけで彼が悪名高いゾアクロイド(宇宙魔族)だということすら気づいていない(ハーディシアンという種族は悪名高いが、外見まで一般モブ市民に知れ渡ってはおらず、またある程度詳しい人間にはルーエント等と間違われることもある)らしい。

 さすがにゾアクロイドという自分の立場の自覚はあるが、周囲で楽しく暮らせるので何にも不自由を感じていない。
 ノリが信条なので、下手をすると子どもやオタク仲間とギャハハハと笑って遊んでいる。 体の甲で変身能力もあり、言ってみればセルフコスプレも可能。実際によく楽しんでいる。
 ただし、ギガリアンのネオザなど、裏社会組とのつながりも一応ある模様。その縁で、ゼルガ・ローヴの子であるジェノア・ローヴを引き取っている。

 実はかつて傭兵(というより護衛やらザイオロード退治やら戦闘に関連する何でも屋)稼業をやっていた(特別熟練していなくとも、ハーディシアンなら十分有能である)らしく、一生遊んで暮らせるくらいの金はもう稼いでしまっているので、今は遊んで暮らしているらしい。
 地球屋の常連客の一人でもあり、惑星アークのオタク文化にも興味があるらしい。
 未来史においては、ジェノアともどもオビリック会にも加入している。

デザイン・プロフィールネタ元は、「這いよれ!ニャル子さん」に登場したニャルラトホテプ、通称ニャル子 である。NASA氏の作品に登場してたのでふと見てみた。なお、ハーディシアンには性別はないので女性ではない。
「いつもニコニコあなたの隣に這いよる混沌」ということから、混沌の魔族ハーディシアンにしてみたもので、長寿でありながらどこに出没してもおかしくないという便利キャラでもあるため、さまざまな役回りを検討している。
早速ゼルガの娘であるジェノアを引き取るという便利役を押し付けられている(笑)


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: