ズゼリック重力レンズ


登録日 :20??/??/??(日) ??:??:??
更新日 : 2014/07/20 Sun 00:12:29




天体名 ズゼリック重力レンズ
所属銀河 ゾアネスト超宙域群
サイズ
その他
出身種族

概要

 ゾアネスト超宙域地方における高名かつ広大な超宙域の一つ。ズゼリック超宙域とも呼ばれるのだが、 あまりにも重力異常で名高いのでズゼリック重力レンズと呼ばれることが多い。
 この宙域を通ると、光すら曲がってしまう(この宙域を通る光は曲がってしまい、光に頼った銀河観測などは狂いを生じる)のである。
 自然界における重力レンズは概ね銀河などの大質量が引き起こすが、この地域にはそんな現象を起こす大質量はない。
 しかしながら、この内部の超宙域は重力異常が凄まじい。超宙域における重力異常は決して珍しいことではないのだが、この宙域は突出している。
 セクトレアム銀河系なども高エネルギー環境で艦船に影響が出やすいが、ズゼリック重力レンズの場合、 一般の船が入るとそれだけで計器が狂い、遭難しかねない レベルであるといえる。
 ブラックホールなどに由来する訳でもなく、太古にヴァーツが銀河を破壊した名残であるという説が伝えられるにとどまっている。

 また、GDW世界における重力はクリアー属性に直結し、生命それ自体と密接に関わる。
 そのため、 ズゼリック重力レンズにおいては生命現象それ自体にまでしばしば狂いが生じる
 内部での重力異常の揺らぎに遭遇した場合、開発者以下では存在場が破損するというシャレにならない事態を本当に引き起こすのである(流石に入ったら軒並み即死、というわけではないが)。
 ここにヴァーツの奥院があるなどという説すら存在していた(都市伝説レベルならば今でもある)が、現在は否定されている。
 ただし、超魔神級の存在がここに滞在するなどということはあったようだ。
 ここに根城を張るヘクトジェネラルのような大型の魔族組織は確認されていないが、この地域を根城にする少数の集団は存在するとみられている。

 ハウレイル銀河系のハウレイル銀河連合も、ロードネスト銀河系のロードネスト連合王国も、コルヴィアス銀河系のコルヴィスト銀河連盟機構までもがこの超宙域を第1級の警戒地域にしているが、いかんせん危険すぎて接近してもほとんど何もわからない、というのが実情である。

デザイン・プロフィール :「グレート・アトラクター」グラントラクシア銀河大会議と同時期に考案したもので、「深宇宙の重力の神秘」である重力レンズ現象をネタに、ゾアネスト超宙域でも特級の危険地帯として設定している。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: