モートメト


登録日 :2014/08/24 (日) 01:03:52
投稿先 :掲示板未投稿
更新日 : 2014/08/24 Sun 01:03:52



名前 モートメト
種族 ギュリアン
体格 身長2.5m
主な能力・地位
親族関係
主要活躍宙域 ジェネフィル銀河系
スペック Gex7.5
活躍年代 ゾアネスト危機~
メインページリンク

プロフィール


 ジェネフィル銀河系の暗黒地帯に居を構えるギュリアンの学者。ゾアネスト危機に前後してゾアネスト超宙域群を去り、ジェネフィルに腰を落ち着けた模様。
 彼は学者であり、ギュリアンとしての戦闘行為ももちろん可能ではあるが 戦闘において猛威を振るうことはない

 ゾアクロイド系統種の中でも特に生命を軽んじる傾向の強いギュリアンであるが、彼は 文明社会における生の位置づけに非常に関心を持っている。
 ただし、あくまでも その関心は学者としての純粋な興味であり、その意味では生命現象に特化したナリアタンドに近い 所がある。
 もっとも、マッドな実験を濫発するようなことはなく(社会的な生の位置づけに関心があるため、実験などは無意味)、思索にふけっていることが多いのである。

 生命に関する感性はヴァーツ艦隊四天王のギルヴァや殺戮の超魔神ギュリアともまた異なっており、 開発者を中心とした「ライトサイド」の生命の価値判断について様々な思索 をしている。
 ライトサイドの生命価値判断といえど、所詮は同族意識に過ぎないのではないかと考えている一方で、愛玩動物などという現象も当然あることにつき、全く筋の通らない現象ではないか?と考える反面、宇宙に広く伝わるそのような現象についてしばしば思索にふけっている。

 ジェネフィル銀河系のディガス高位大使、アンテプ・ネフメルトとは因縁浅からぬ仲。
 生命に関する学識者としてネフメルトはあろう事か彼を訪ねた(ただし、訪ねた時点でネフメルトは彼がギュリアンであることを知らなかったが)。
 ネフメルトは彼より戦闘能力では一枚上手であった。
 だが、モートメトには目立った罪責もない(ナリアタンドのような殺戮を伴う実験には関心を持っていないし前科もない)ため、ネフメルトは彼には釘こそ刺したものの見逃しており、自身の思索が行き詰まった際に彼を訪ねているのだ。
 ネフメルト大使でさえ彼の思索にゾクリとすることは少なくないようである。

デザイン・プロフィール :最初期にイメージしたのは 「魔法少女まどか✩マギカ」に登場するインキュベーター(キュゥべぇ) であり、「家畜とは理想的共栄関係」「なぜ一人の犠牲を特別扱いできるのか」というような人間とは全く違う(ただし価値判断として間違いとは言えない)生命の価値判断を持つキャラとして考えたもの。
白銀個体未作成でありさらに生命を軽んじる傾向が特に強いゾアクロイドであるギュリアンを指名したが、戦士的なイメージがわかなかったためあえて学者としてみたもの。
「前線戦士兼思想家」は既に数多いが、ヴィルロメルゲルヴィデスをはじめ、前線戦士としての性格をとっぱらったゾアクロイドキャラを作成するのは白銀によく見られる創作傾向である。


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: