シフェル・テーユ


登録日 :2014/12/07 14:15
投稿先 :ATモブ地区物語№67
更新日 : 2016/01/02 Sat 05:23:00



名前 シフェル・テーユ
種族 フェニキャム
体格 身長167cm
主な能力・地位 ブラステックフリート選手→技術者
親族関係
主要活躍宙域 アトラス銀河系
スペック Gex2.4
活躍年代 基準時前後
メインページリンク

プロフィール


 アトラス銀河系アトラス・テクトラクタ在住のフェニキャム
 クールで物静かだが意外とおちゃめでもある。

 アトラス・テクトラクタでも最強候補とも呼ばれるチーム、セボシュフの副将と目される、これまた当時のジュニア最強候補の一人。
 エニエット・コルリフネ同様の戦艦型で、戦艦型として機動力・火力・防御力とも凄まじいが、火力は戦艦型としてみればさほどでもない(防御力は高い)。
 シフェル最大の武器は実は「命中力」。
 戦艦型の弱点であるスタミナ切れという弱点はもちろんあるのだが、シフェルはエネルギー配分を工夫することと更に命中率を上げて効率を徹底的に上げることでスタミナ切れを抑えるため、有効火力は最大級である。
 もちろん他の戦艦型も多かれ少なかれスタミナ切れを抑え、命中率は上げるべく工夫するのだが、シフェルの右には出るキャラはいない(「撃沈は後で」とばかりに大破だけ狙って大破エネルギーだけ器用に発射したりする)。

 頭脳派で指揮官タイプでもあるが、大将のアマメ・シドマクが事前戦略を徹底的に練るタイプなら、こちらは臨機応変タイプで、師匠のカタッサ・トビリー直伝の劣勢でも最大限の手を打って粘り、勝利の糸をたぐり寄せる能力に優れる。
 アマメは計算から外れた、と見るや否や指揮権を自分からシフェルに譲ってしまう。
 この二重指揮体制がセボシュフをAT最強候補にのしあげた最大の要因といえるだろう(単なるスペックだけならもっと上はいる)。

 アマメを落としたコルリフネの力には興味津々。
 コルリフネはアマメ撃沈後にシフェルとの撃ち合いに敗れて脱落したが、それでも残りエネルギーで粘ったコルリフネに対しての評価は高く、コルリフネと一番仲良くなったのもシフェル。

 現在は技術者。といっても軍事やブラステック・フリート関係ではなく、水の浄化に関する技術者。
 その縁で現在サドシェロアに在住であり、ウェスリアーヌのマアル&アトゥル夫妻の部下として働いている。

デザイン・プロフィール :イメージソースは、魔法少女リリカルなのはINNOCENTに登場する、シュテル・スタークス(星光の殲滅者)である。主人公・高町なのはと似た能力を踏まえ、なのはモチーフのコルリフネと同様の武装をするものとした。
ネタ元キャラが猫にやたらとなつかれるということを踏まえて猫族たるフェニキャムを指名。師匠としてのカタッサ・トビリーの設定は2016年年始に出来ている。
なお、星光の殲滅者モチーフのキャラとしてストロビナスがいるが、破滅の魔女というべきストロビナスと異なりこちらはクールでもお茶目である。(ストロビナスを考案した頃には公式でもお茶目なキャラという色付けはされていなかった。)


この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: