コアトぺルヌ


登録日 :20??/??/??(日) ??:??:??
投稿先
更新日 : 2013/09/16 Mon 17:34:53




種族名 コアトペルヌ
所属銀河 イグザ銀河系
主活動惑星 惑星コアトル
所属大系統種 オーディエル大系統竜属
所属中系統種 フェルミノア系統翔族
知性水準 開発者
平均体格 身長1.5m
平均寿命 400年
平均出力 Gex3.3
その他特殊
メインページリンク こちら

種族の特色


 イグザ銀河系・散開星団の内部にある惑星コアトル出身の 開発者エイリアン種族。
 ペンギンのような水棲鳥類が進化した種族で、顔にはくちばしが残っており、手は器用だが脚は短く、走れないことはないがあまり向いていないようだ。
 代わりに、水に潜っての活動性は極めて高く、水圏暮らしを快適と思う個体が多いようだ。
 コアトぺルヌの都市は島嶼部か沿岸部に設けられ、イタリアのベニスのような水上都市が多く設けられている。

 同居の監視者級エイリアン、コアトーンと比べて、先に文明を持っているが、文明的には明らかに追い抜かれてしまっている。
 ただし、個体が認められている権利は種族によって差がある訳ではなく(生態の違いからくる権利のあり方の違いは存在するが)、両種族は少なくとも惑星内では対等である。

 両種族は仲が良く、戦争状態に至ったことはない。ともにコアトルの住みよい環境を維持するべくがっちりと手を組んでいる。むしろ、お互いの存在をよい刺激として向上心を高めているようだ。
 これは、両種族とも平和主義であるだけでなく、高山性のコアトーンと海洋性のコアトぺルヌは生息環境がバッティングすることがなかったという幸運も影響しているようだ。
 また、 海洋管理、海洋生命学などに関する見識は、監視者コアトーンと言えどもコアトぺルヌには頭が上がらないほどの水準 を持っているのであり、こうした得意分野の存在も、彼等の持っている地位に影響しているであろう。

個体設定


個体名 性別 プロフィール
ジャーロック・アーデル 惑星コアトル海洋省次官で、優れた流体工学の見識と海洋生物学を兼ね備えた技術者。海洋を学ぶコアトーンも「あの人には敵わない」と悔しがる優れた技術である。

デザイン・プロフィール :監視者種族を多数投稿している白銀が初めて作ろうとしたのが鳥類起源の監視者だった。その過程として真っ先に考えたのが直立型で脳の容積が高くなりやすいであろうペンギンだったのである。とはいえ、ペンギン監視者は流石に違和感があり過ぎたし、鳥の監視者と言うからには飛んでほしかったので、自ら没にした。
ただ、それなりに考えたので捨てるのも忍びないと考え、結局できたコアトーンと同居する種族として完成させたのが開発者コアトぺルヌである。



この項目が面白かったなら……\ポチッと/
名前:
コメント: