※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ26】住み込みの家政婦

このページのタグ: サービス・接客業 セレブ・偉い人


65 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/14(土) 21:29:36 ID:7j59islq
    >>61
    ウちのおばあちゃんが若い時住み込みの家政婦してた。
   田舎から都会への出稼ぎだったんだよ。家政婦の
   派遣会社みたいのに登録して、年齢とか条件に合う所に派遣されてたよう。
   おばあちゃんが40代くらいの時の話(今はおばあちゃんは80代だから…)で
   よければ少し書こうか?(聞いた話、だからあまり詳しくは無いが…)


67 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/14(土) 22:34:16 ID:g/YROqQM
   >>65
   どんな家で仕事をしていましたか。
    
   ひとつの家にどのくらいの期間居ましたか。


68 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/14(土) 23:05:29 ID:7j59islq
    >>67
    大体は家政婦を雇えるほど裕福な家だね。住み込みで働く人のための
   炊事洗濯の係として雇われたり、お年寄りのお世話のために雇われたり
   夫婦そろって仕事が忙しいから家の掃除炊事洗濯全部するため雇われたり。
    
    短い所は数日でw長い所は契約が終わってからも『あの人にもう一度
   家政婦として来て欲しい』と頼まれて3年〜5年もとか、かな?あくまで
   出稼ぎだったんで都心に元々住んでいる人が家政婦をするのとはまた事情が
   違うかもな。 けっこうどこの家でも真面目な働きぶりを評価してもらい
   評判がよかったウチのばーちゃんでさえ数日しかいなかった(辞めた)家ってのが…
   なんでも、家政婦仲間が何人も数日でやめる家があったらしい。そこに
   ばーちゃんが派遣されたんだが、音楽家だかソプラノ歌手だかの夫婦そろって
   仕事が多忙な人の家だったんだが、家政婦に食べさせる食事が酷かった
   (おばーちゃん曰く『犬のエサみたいだった』)そうだな。細かい事で
   怒る事も多かったとかいろいろとあって、ウチのばーちゃんでさえ数日で
   その家で働くのを辞めたそうだ。その後はどうなったかはわからん……
   コッチに帰って来てからも東京で家政婦をしてた時代をなつかしがって
   よくしゃべってたなぁ。 年に数回ばーちゃんを気に入ってくれた家族の方から
   年賀状とかお歳暮が届いたりしてたよ。『また来る時は是非ウチに来てくれ』とか
   書いてあったりしてたな。今はそのば−ちゃんも痴呆でなんとも言えん状態だが……
   孫の私にはしゃべらないだけで、家政婦しててイロイロあったんだろうなーとは思うよ。


69 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/14(土) 23:17:50 ID:g/YROqQM
   >>68
   奥さんの不倫の現場をみたり
   じいさんの金庫の場所と中身を見たり
   殺害現場を見たりしましたか?


70 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/14(土) 23:28:53 ID:7j59islq
   見ねぇyo!!w ……………いゃもしかしたらお年寄りの介護?
   (と言うか、身辺の世話&お付きの人&買い物友達)として雇われた時
   家族の軋轢やらだれにも言えない話(そのおばーさんの昔話とか)なら
   たんまり聞いてたかモナー  そんな風な事は知っても言わないだろうが。
   家政婦が見た!のようにドアの隙間から家族の修羅場とか見てた可能性はかなり高いよ。


71 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/14(土) 23:43:01 ID:g/YROqQM
   高いんだちょっとびっくり


72 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/14(土) 23:52:23 ID:7j59islq
    ウチのばーちゃんはそんなに悪い家の担当にはならなかったが
   他の家政婦の人がイロイロあった事もあるとかナントカ(893関係とか…)。
   たしかばーちゃんが数日で辞めた音楽家の家は普通より給料は高かったらしい。
   だが実情を知ってる人はだれも行きたがらなかったそうだ。後はしらん。今の
   家政婦さんはまた違うんだろうなぁ…昔よりも危険度が高くなった仕事だとは思うよ。


97 :市原悦子:2007/07/16(月) 04:06:03 ID:YmSk2l+7
   住み込み家政婦してたころの話させてください。
        
   【期間】
   20歳〜22歳の2年間
   【動機】
   とりあえず東京に出たくて、田舎から出てくる時に、いきなり一人暮らしも不安だったので
   住み込みの仕事を探してたら見つかった。
   ちなみに、普通のハローワークで見つけました。
   【給料】
   月12万。食費、水道光熱費、家賃はあちら持ちだったので実質20万分くらい?
   でも、そんなもんじゃ安いと思うくらい大変でした。
   【休日】
   月1回。門限7時
   【どんな家庭?】
   80歳のおばあさんと90歳のおじいさんの家庭。
   やっぱりお金持ちの家。東京都下のそれなりな高級住宅地にあって
   敷地は4等分したらそれぞれに建売住宅建っちゃうんじゃない?てくらい広い敷地。 


98 :市原悦子:2007/07/16(月) 04:06:37 ID:YmSk2l+7
   【1日のスケジュール】
   5:30
   起床
    
   5:45〜
   朝ごはん作って、洗濯して、掃除してetc・・・。
    
   12:00
   待ちに待ったお昼ご飯、と昼ごはんの片付け
    
   13:00〜
   掃除とか、ただっ広い庭には何故か(というか、旦那さんの趣味で)畑があったので
   (家庭菜園というには少々広すぎる畑でした。)畑を耕したりとか耕したりとか耕したりとか。
   ちなみに、植わってたのは今の時期ならジャガイモとか、
   夏ならキュウリ、ピーマン、オクラ、ナス、トマト、ミニトマト、ミョウガetc・・・。
   冬なら大根、カブ、ホウレン草、春菊・・・etc・・・。
   あと、庭木の手入れとか簡単な大工仕事なら私がやってました。
     
   18:00
   待ちに待った夜ご飯。その後お風呂。
   奥さんが脳梗塞の為少し身体が不自由だったのでその介助をしながらお風呂。
    
   20:00〜21:00
   居間で旦那さんと奥さんと一緒にテレビ。
   もちろん、NHKオンリー。
     
   21:00
   就寝。 


99 :市原悦子:2007/07/16(月) 04:07:24 ID:YmSk2l+7
   とまぁ、こんな感じ。
   よく言われる、「家政婦はミタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!」的なことは私はありませんでした。
   でも、よく2年間やったなぁ。と自分でも思うくらい今考えればハードなお仕事でした。
   旦那さんや奥さんに「あんたはウチの孫も同然だ」とお世話になったのが要因かな。
   (花嫁修業みたいな感じで色々と仕込んでくれたみたい。)
   実際、最後のほうは「ワシがいい家のいい大学を出た男を紹介してやる」って言われてたしw
     
   だけど、花の東京に出てきて何で私は鍬で土を耕してるんだろう?とか自問自答してましたが(笑)
   ちなみに、実家が農家だったので農作業は無問題でこなせました。
      
   色々大変だったけど、イイ経験になりました。
   自給自足できる自信がつきました(!?)
   ご質問ありましたらどんどん聞いてくださいねん。


100 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/16(月) 04:24:06 ID:PV8JnzGc
   なんで辞めちゃったの?
   勿体無くないですか?
       
   あと、退職金みたいのいただけました?
   最初の仕事主としてはとっても良い人達だと思います。
   あなたの人徳かもしれませんね。


101 :市原悦子:2007/07/16(月) 04:51:14 ID:YmSk2l+7
   >>100
   退職金もボーナスもありませんでした。
    
   何で辞めたのかっていうと、せっかく東京に出てきたのに
   このまま結婚しちゃ面白くないなぁって思ったんですよね。
   もっと色々経験したいって思ったので。
   
   せっかく東京に出てきたし、OLとかしてみたいって思ってたし・・。
   それに、「いい大学を出たいい家の男」と結婚しても
   メチャクチャ窮屈だろうし、面白くなさそうだしw
   
   でも、本当にいい人に使ってもらえて良かったです。


102 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/16(月) 04:53:47 ID:ZkXFttrp
   >>97
   農作業できることは最初から条件に入ってたのですか?
   それとも偶然?


103 :市原悦子:2007/07/16(月) 04:55:11 ID:YmSk2l+7
   >>102
   偶然です。
   初めて庭に畑があるのを見たときはびっくり仰天でしたw


104 :市原悦子:2007/07/16(月) 05:02:44 ID:YmSk2l+7
   ちなみに、ご飯は旦那さんと奥さんと同じものを同じテーブルで食べてました。
   そういうのは家政婦では珍しいみたい?
   「同じ家で暮らす以上は家族と同じだから」って言ってました。


105 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/16(月) 05:09:48 ID:ZkXFttrp
   >103
   レストン。
   ラッキーだったんだね、ご主人たちw
     
   奥様は少し介助が必要とのことですが、旦那様は健康?
   おうち以外に「金持ちだなあ」と感じさせるような出来事はありましたか?
   (住み込み家政婦さん雇うのも充分金持ちだけど)


106 :市原悦子:2007/07/16(月) 05:15:34 ID:YmSk2l+7
   >>105
   旦那さんは、癌を持ってらっしゃったんですが(高齢だから進行が遅い)
   それを感じさせないくらい元気でした。頭もものすごく切れる人だったし。
     
   生活の面では、戦中戦後を経験した人なのもあってメッチャ質素でした。
   本当のお金持ちは生活は質素だってのは本当なんだなぁって思いました。
   
   ただ、時々何とか証券の人が来て何千万とか何億とかの話をしてましたね〜。
   (旦那さんが株とか外国為替転がしてる人だったから。)
   「死に金は一文たりとも使わないが、生き金は一千万でも一億でも使う」と常々言っていました。


107 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/16(月) 05:17:09 ID:xTnX5Nw7
   レスありがとうございました。 
   凄い世界ですねぇ・・・・ 


108 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/16(月) 07:52:18 ID:HLqH9n19
   家政婦さん面白かったです。
   このまえのヤマ○シの人とは別の人だよね? 


133 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 11:57:17 ID:T8u6RgFQ
   ヤマ○シの人の現在の職業が家政婦だったんでしたっけ?
   お話聞きたいな!


134 :市原悦子:2007/07/17(火) 15:43:48 ID:eNdR6Ehi
   >>133
   前スレで投下させてもらったヤマ○シの中の人です。
   上で書いた住み込み家政婦の話がヤマ○シ出た後の話です。
   現在は普通のOLと夜のバイトでひっそり暮らしてますよ。


136 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 16:27:11 ID:eNvfq5K8
   >134
   あなたすげー!!wwwwwwww
   なんかネタの宝庫っぽい(失礼


137 :市原悦子:2007/07/17(火) 16:45:59 ID:eNdR6Ehi
   >>136
   本当ですよね〜。
   今年25歳になるんですが、この歳ではありえないくらい
   密度の濃い生き方してると自分でも思います。
     
   そのせいか、普通の社会に出て暮らしても「変だ」とか「変わってる」
   とかよく言われてトホホです。
   でもまぁ、こういう人生もアリでしょう、うん。


138 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 16:56:02 ID:eNvfq5K8
   >137
   25歳!?マジですか…
   年下とは思えないくらいに密度が濃くて
   人生経験豊富そうですね
   こういう経験豊富な人の前では
   私の人生なんざ薄っぺらなんじゃないかと思う… 


140 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 17:01:01 ID:OS0aYN34
   ヤマ○シでの農業が役に立ってる!


141 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 17:12:56 ID:vFSiRoI2
   >>137
   お料理とか出来たんですね?


142 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 17:13:09 ID:VxJ/QMPb
   >>140
   まさにそこを思っていたところだ
   あと、年上の人や幅広い年代の人と生活してきたから
   お年寄りとも話をあわせるのが上手そう


143 :市原悦子:2007/07/17(火) 17:28:27 ID:eNdR6Ehi
   >>141
   料理は、簡単な家庭料理なら。
   ヤマ○シにいた時に、「魚菜」といって野菜の下ごしらえをする部署に通産6〜7年
   いたことがあるので、包丁さばきは誉められました。
   農業の部分も役に立ったしね。
    
   そして、>>140さんもおっしゃってるように色々な世代の方と関わってるので
   話を聞くのが上手くなったかな?
   それが夜のバイトで役に立ってます。(お客様にオジサンが多いお店なので。)
    
   振り返ってみると、会社でもバイトでも周りがいい人に恵まれてるなってシミジミと思います。
   前にいた会社では自分が辞める時に自分で号泣してしまったくらいかわいがってもらえたし。
    
     
   思うに、人生の濃い薄いって結局自分自身の捉え方だなって思うんですよね。
   「禍福はあざなえる縄の如し」私の座右の銘です。
   どんなことがあっても、それは絶対将来役に立ちますもんね。


144 :市原悦子:2007/07/17(火) 17:30:01 ID:eNdR6Ehi
   あ、↑>>142さんですね。失礼致しました。
   それでは終業時間なのでおいとまします。


145 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 18:01:14 ID:4EpTbBaW
   何だかよくわからないけどすごい人なだ


146 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 18:13:49 ID:3QM3x2D8
   幸せになって欲しい…つーか、幸せになれる人だな。


152 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 19:36:58 ID:Nfa+3W8K
   うちの婆ちゃん(現在90近い)が昔昔、通いと住み込みの家政婦をやってた。
   近所にでかい病院があったから、そこのお医者さんのとこに派遣されることが多かったらしい。
   嫌な経験もままあったらしいが、婆ちゃんはいわゆる戦争未亡人だったので生活の為家政婦をやってた。
   何十年経った今でも交流がある派遣先、婆ちゃんをおばちゃんと慕ってくれる人や家政婦仲間もいる。
     
      
   家政婦婆ちゃんが見た!は私が聞いた限りでは、
   ・奥さまだと思ってたら愛人だった(奥さまは婆ちゃんが派遣される前に実家に帰ってしまってた…)
   ・資産家宅にて、大旦那の爺さんが氏にかけた。
   親戚がわらわらと集まり、氏にかけ爺さんの枕元で遺産で大モメ。湯飲みが飛び交い壺は割れつかみあいになるわと凄かった。
   ・婆ちゃんが買い物から帰ってきたら、乗り込んできた愛人と本妻がキャットファイト中。
     
   このくらいしかないですが……。


153 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/17(火) 19:43:52 ID:D/QwMBwi
   けっこう愛人対本妻の争いってあるんだ。
   前に勤めてた会社の社長が死んだときにも、壮絶な愛人対本妻(これも愛人上がり)
   対息子(元の奥さんの子)、さらに親子丼と、昼ドラでもねーだろ!!ってくらいの
   大騒ぎがあったらしいが…。