※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ26】家に「富山の薬売り」が来ている人

このページのタグ: 医療・福祉・教育 売る人


185 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/18(水) 18:29:33 ID:TeS9ln2L
   うちには50年以上同じ富山の薬屋さんが来ている。
   16歳から仕事を始めたそうで今は70歳ぐらい?
   熊の肝の胃薬とか変った薬が多いけれど
   どれも妙に即効で効く。
   怖いぐらい効く。
   おばあちゃんが愛用しています。
   わたしも困った時は使います。


186 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/18(水) 21:12:03 ID:FJJkdTjx
   薬売りの人が半年に一回くるけど、普通の市販薬だけだぉ。特殊な薬も頼めば
   あるのかな。


188 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/18(水) 23:02:18 ID:iHrUC6ov
   >185
   富山の薬売りさんが来るんだ。
   それって一般に売っているような薬とは違うの?
   よく置き薬の「○○製薬」みたいな会社が営業に回ってるけど、ああいうのとは
   違うものなんだよね、きっと。


189 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/18(水) 23:31:37 ID:WYc8958L
   ちゃんとした製薬会社が作っているが
   普通の薬局では売っていない商品


190 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/18(水) 23:50:13 ID:waiTNtDI
   >>188
   富山の薬売りのキモはシステム。いわゆる配置売薬、置き薬
   売るんじゃなくて「預ける」使った分だけ払えばいい。
   昔は気軽にお医者に掛かれなかった。
   かといって、いつ使うか分からない薬をそろえるほど
   お金が有り余ってる家もそうそうない。
   そこで富山の薬売りは相手を信用して薬を預ける。
   まさに人と人とのつながりで食べてる。
   お金を踏み倒したりしないちゃんとした客の名簿には価値がある
     
   末端の薬売りは農閑期の農民が副業とすることが多かったらしい。
   当時は加賀藩に搾取されるばかりで産業が乏しかったから
   足で稼ぐしかなかったんだろうね 


191 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/18(水) 23:53:21 ID:1uoe4hAS
   そうそう、うちもあったな。
   基本効能とかは変わらないんだけど
   市販されてない薬。メーカー品のパチモンみたいな
   ネーミングやデザインだったりw
   熊の胆ってあったな、正露丸みたいなヤツ。
   正露丸ほど臭くないけど、お腹下したときよく効いた。 


194 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/19(木) 00:22:18 ID:tX+IP6jr
   置き薬を使おうとしたらじい様に「おき薬をつかうと高いから、医者の薬を
   使え」と怒られたことがある。
   老人の医療費と違うんだが・・・
   保険を使うことを考えても医者に掛かるよりは安いと思うんだが。