※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ26】占いの本をつくるために占い師とコンタクトしていた人

このページのタグ: マスコミ・出版 怪しいお仕事


665 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/30(月) 06:21:33 ID:YTKVxBu+
   出版関係の仕事のひとつに「企画モノ系単行本」がある。
   よく売れるジャンルが「占い」
   だいたい似たようなものの焼き直しが多いんだがそれでも当たると大きい。
   だから新しい著者捜しも仕事のひとつで、一時はあちこちの占い師に会った。
     
   はじめは普通のお客として鑑定してもらう。
   占いの当確率はそれほど重視しない。
   まずはその占い方の独自性、(話題になれそうなキャッチさが欲しい)
   それから話術とか、キャラクターなんかもみる
   やっぱり出版社の看板背負ってもらうからには
   エロオヤジみたいなのは困るし(そういうのも少なからずいるし)
   ある程度サイン会(鑑定会)なんかに協力してくれそうな人であって欲しい
     
   たぶんTVに出るマジシャンなんかもそうだろうけど
   ビジネスとして、ある程度の割り切りが出来ない人だと困るのだ
   霊能がかってる人だとそのへんのコントロールが難しい。
   つうか、正直いって「当たった」って人もいたけど
   そういう人ほど「これを仕事になんてしてたら、身が持たない」っていう。
     
   ちなみに占いにはおおまかに3つあって
   ・星占いや四柱推命のように、生年月日をもとに分類をして当てはめてみるもの
   ・手相や人相など見えるものを元に、解釈してみるもの
   ・サイコロやタロットや易のように、その場に出された事象を分析してみるもの
   たいていこのどれかになる。
    
   一時話題になりかけた人で、「なんのデータもなしで、会ったその場で予言する」って人がいた。
   大のオトナがブルブル震え出すとかいう触れ込みだったが
   自分が会いにいったらなんかしょうもないことを言われてがっかりした。
   仕方ないから雑談して終わった。
   「なんかね、宗教団体の教祖とかなりませんか、っていわれるんですよ」とかこぼしてたな。
   現ナマ積んでやってくるそうだ。


666 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/30(月) 06:55:14 ID:YTKVxBu+
   なかなかイケそうかも、と思うと身元を明かしてコンタクトする
   こちらもそれなりに知識がないと話が進まないので
   あれこれ本を読んで勉強する
   難しい特殊な漢字だのがあるし、計算方法もこちらサイドで検証したりもする
   気がつけば自分もいっぱしの占い師になれそうな知識だ
     
   データとして友人に「占わせて」とやっていたら
   いつしかすっかり占い師扱いだ。
   遠い親戚が「縁談の日取りをみてほしい」だの
   全然知らない人からメールがきて「鑑定お願いします」なんてくる
   おいおい・・・
       
   ミイラ取りがミイラだね、なんていいつつ
   系統立てて勉強してみると、いろいろな流派?がリンクするのが面白い
   神保町にそういう種類の本を扱う店があり
   すっかり常連だ。古い本は高くて困るね
   象牙の8面体サイコロなんて買ってみたりもする、なにしてるんだか
     
   今は別に占いなんてやらない、仕事もあるし
   でも怪しげな人や団体に「こんなことを言われたんだけど」って相談を受けることはある
   たいていは「恐怖をうえつけて、なにがしの金をとる」のが目的だ
   看破して、そういわれた(たいてい馬鹿馬鹿しい)根拠?を説明してみると
   相手は安心して帰る
     
   阿呆な自称霊能者は「ある程度の年齢の女性には『水子がいますね』が効く」ってさ
   女性の7割はあれやこれやで、そういう経験があるもんさ(流産とか早世もふくむ)
   当てずっぽうでも半数以上当たるならチョロいもんさ
   そんな風にいう輩もいるから。
   こんな詐欺師まがいもいるってことで。


667 :おさかなくわえた名無しさん:2007/07/30(月) 07:58:49 ID:JGZO0woK
   >>666
   デミアン乙。
   面白かった。すっかりミイラ取りがミイラだねw
   でも、多くの中には「ホンモノ」っぽい人もいるんだな。