※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ27】誤診を受けた人




19 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/11(土) 08:52:50 ID:NuqZsdC2
   医者ってあっさりと誤診やらかしてくれるよね
   自分は風邪の症状がいつまでたっても治まらないので
   某大学病院にいったら、肺に影があると言われ
   ツベルクリン反応を見ることに。そしたら20センチくらい
   になってしかも酷く化膿した強陽性状態。即、法定
   伝染病だからと強制入院になった。入院先で改めて
   検査したら、ツベルクリンのアレルギーで結核でも
   何でもなかった。最初の大学病院からは一言の謝罪
   もなかった…


25 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/11(土) 13:29:15 ID:7lNFh6n7
   医者の誤診と言えば、従弟が誤診食らってキレたことがある。
   
   東北の実家から大学進学の為に東京に出て来ていた従弟が、
   ある日救急車でA総合病院に搬送された(搬送当時の状況はよく知らない)。
   A総合病院で諸々の検査を受けたところ、「よくわからんけどなんかヤバい」と来た。
   A総合病院は単に救急指定を受けているだけの救急病院だったので、近隣のB大学病院に搬送。
   (それにしても「よくわからん」はないだろう……)
   
   B大学病院での最初の診断は、悪性リンパ腫。
   簡単に言えばリンパ腺の癌で、リンパ腺だから転移するどころか全身に回る=死亡率超高。
   臓器にできる癌なら切除で良くなることもあるが、リンパ腺だから切れない。
   東北住まいの従弟の両親は連絡受けて大パニック、東京の我が家に即連絡が来た。
   (近いこともあるが、うちは障害・病気・怪我経験者が異常に多いのでこういう時頼られる)
   私もわからないなりにネットで調べ、これは酷い病気だと知り一層パニックに。
   ところが、このB大学病院がやってくれた。
     
   「更に検査してみたら睾丸の癌でした。切除すればなおりまーす」
    
   ( ゚д゚ ) ……。
     
   その後手術を受けた従弟は、現在普通の生活をしております。
   私は今A総合病院の近くに住んでるんだが、「何があってもあの病院にだけは搬送してくれるな」と
   周囲に言って回ってます。もちろんB大学病院もぜってー行かない。


26 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/11(土) 13:35:52 ID:BhmBubO0
   つまり最初はヤバイって診察されたんだけど、
   よく精査したらそれほどヤバクはなかったってことでしょ。


28 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/11(土) 13:57:30 ID:7lNFh6n7
   >>26
   逆方向の誤診じゃないだけマシだった、てのは確かです。
   でも悪性リンパ腫と臓器の癌じゃ天と地ほどの差があるんですよ。
   治療で良くなる(かも知れない)か、治療すら意味無いかじゃ全然違う。
   従弟はまた勉学を始めることが出来ましたが、逆方向の誤診だったら……と思うと
   もう両病院を信頼する気にはなれないっす。
      
   >>27にどうでもいい話追加。
   母の血液は「絵の具で作った色水みたいに薄いんだよ、向こう側が透けて見えるw」んだそーです。
   逆に私は血液検査を受ける度驚かれるほど血が濃い(生まれつきヘモグロビン量が妙に多いらしい。
   最近白血球も多いと言われた)ので、「足して2で割ったらちょうどいいのに」とおかん談。
   臓器1つ失うってのは本当に大変なことなのだと思った。それでも生きられるってのも凄い。


30 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/11(土) 15:56:13 ID:wyHVFiwM
   >>26
   それで切られて全摘された後に誤診と分かった身内がいるがな。
   体の重要な部位で、一生苦労して生きる事になってしまった。
   告訴するほどパワーのある身内もいず何の保障もないし、こうなっては困るのよ。 


32 :おさかなくわえた名無しさん:2007/08/11(土) 17:39:35 ID:8yS9yI1q
   >>28
   癌の診断って、開けて取って見るまでつけられないんだよ。
   画像診断や血液検査で予め全部わかるはず、だから違う癌だといわれた
   のは納得いかない、といいたい気分もわかるが……
    
   だからアレは誤診だあの医者はヤブだ訴えてやる!というのは行き過ぎ
   なのが現状。
   そこまで診断できる技術は無い。
     
   弁護士の知人も愚痴っていたが……こういう事を言ってくる人は、いちゃもん
   つけてるのと同レベルなのでやりにくいそうだ。
   そりゃそうだ、有りもしない「絶対確実に診断できる技術」を使ってくれなかった!
   と怒ってるわけだからね。
    
   現状では、開けて取って病理検査が終わるまでは「最も確率の高い病名」
   がつく。いきなりリンパ腫ではさぞ驚いたと思うが、その診断は『誤診』ではない。
   『確定診断前の、暫定的な診断がリンパ腫だった』ということ。
      
   あと。
   リンパ腫は、薬で治すよ。