※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ29】自動車メーカーの派遣技術者

このページのタグ: つくる人 技術・専門職


342 :おさかなくわえた名無しさん:2007/10/12(金) 21:38:18 ID:PVgsmJGZ
   車関連の派遣技術者の生活
   
   合同就職フェアがきっかけで応募、採用。
   一定期間ビジネスマナーや様々な技術の研修(ノギスなどの計測機器の取り扱い、基礎知識、図面の読み方、PCスキルなど)の
   のち、個人の適正や企業側の要望を照らし合わせ、面談。
   大抵の場合、翌日には出向。
   
   俺は内装部品の樹脂パーツメーカーに出向。
   樹脂部品の傷や欠けなどの検査をしたり、大元の金型を彫り直すまでもないちょっとした仕様変更に対応するため手直しをしたり、
   駐車場に住み着いた猫の愛らしい仕草を見て和んだり、異音や振動を吸収するためのフェルトを部品に張ったりしている。
   
   急な仕様変更などで人手が必要になった時に柔軟に対応するため、派遣というスタイルが重宝される模様。
   
   この前は、普通にラインで製品の生産が進む中、ちょっとした異常に対応するため正規の作業員に混じって検査に割り込んでいた。
   邪魔にならないように気を遣った。
   検査のタイミングを見ながらじっと立っているのは結構退屈。
   そんなとき生産ラインに部品供給する台車型のロボットが部品を落っことしたのでソレを拾って追いかけ積みなおし、
   ちゃんと所定の場所で下ろせるかどうか見守ってたりする。
   そんなことを深夜までやってると、そのロボットが「はわわ〜」などとわめきながら荷物を抱えて工場を駆け回る
   ドジッ子属性の付いた女の子に見えてきていじらしく思えてくる。