※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ31】親の仕事の関係で子供療育センターに住んでいた人

このページのタグ: 医療・福祉・教育 学校・学生時代


811 :1/2:2008/01/13(日) 14:38:10 ID:WY77GK0t
   小児病棟の話が出たところで投下。
   一応まとめてみたんですけど読みにくかったらすみません。

   自分は、親の仕事の関係でしばらく子供療育センターに住んでいた事があります。
   5・6年は住んでいたと思うのですが、詳しくは分かりません。
   物心ついた時にはそこに住んでいました。

   子供療育センターというのは16歳以下の障害を持つ子供が24時間生活する施設で(外来もあります)、
   私がいた所は肢体不自由の子が専門だったようですが、脳性麻痺の子も結構見かけました。
   センターは丘の上に建てられており、養護学校とリハビリ施設・宿泊施設・関係者家族の家が二軒。(そのうちの一軒がうち)
   住所は無番地で夕方5時になると安全の為に丘の下の門が閉まり、出入りできないようになります。

   当時、センターの中は家族的な雰囲気があって、
   私や兄弟・隣の家の子達がリハビリ施設をウロウロしていても怒られる事はありませんでした。
   なので、毎日スポーツ用の車椅子で皆で遊んだり、リハビリセンターの鉄棒で遊んだりとやりたい放題。
   研究をしている人から、障害を持った子と健常の子との違いを調べる為にスライドやビデオを取られたりもしました。
   (障害のサンプルはたくさんあったけれども、健常のサンプルはあまりなかったらしいです)


812 :2/2:2008/01/13(日) 14:40:04 ID:WY77GK0t
   私は、幼稚園に入るまで施設から外に出ることもあんまり無く、その世界しか知らなかったので、
   入園して自分がいきなりマイノリティーからマジョリティーに変わったのがもう不思議で不思議でしょうがなかったのを覚えています。
   その為か学校が嫌いで、常に帰ってセンターで遊ぶ事しか考えていませんでした。
   で、園が終わってバスで門のところまで送って貰い、ブラブラ歩いてたら、その辺にいる先生が「おかえりー」なんて声かけてくれて
   飴までくれたりして嬉しかったですね〜。
   それから隣の子と施設の子と探検にいったり(センター内は標本とか子供にとっては怖いグッズがいろいろあるのでw)
   冬は、丘の上からソリで爆走したり、先生が他の子と車椅子マラソンの練習に行くのを見送ったり・・・
   先生達が子供の為にかまくらを作ってくれたりもしました。
   あとは海に近かったので朝方、皆でサヨリ釣りに行った記憶があります。
   自分にとっては人生の中で一番幸せな時間でした。

   今、考えるとうちの母親、子育てはかなり楽してますよねw