※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ32】舞台衣装製作のアシスタント



457 :おさかなくわえた名無しさん:2008/02/15(金) 09:52:02 ID:LrZu1nck
   舞台衣装製作のアシスタントのお話。

   知人のつてを辿って、ある舞台衣装デザイナーに紹介してもらった。
   そのデザイナーさんと、その右腕となっている人、1年くらいアシスタントをやっている人、の3人しかいなかった。
   当時は、会社の体裁にもなっていなくて、契約書も給料の確認も何にも無し。
   「じゃ、明日から来てね」みたいなノリだった。

   私が携わったのは、某人気アニメの舞台化したもの、
   某有名バンド(紅白出場経験あり)のツアー、某グラビアタレント集団のコンサートなどだった。
   朝は7時ごろ家(当時は実家住まい)を出て、小1時間かけて事務所へ。
   衣装合わせや、打ち合わせの荷物持ち、衣裳の材料や食料の買出しに行ったり、
   ひたすら事務所に篭ってちくちく衣裳を縫ったり、小物を作ったり。
   公演の期間中は、リハや本番に立ち会って、衣裳の着せ替えやメンテナンスのお手伝い。
   だいたい21〜23時ごろには事務所を出て、家に帰るのが真夜中。
   さっさと風呂に入って、そこからまた持って帰った仕事をやること3時間ほど。
   3時か4時ごろに倒れこむように就寝。6時には起床。以下繰り返し。


458 :おさかなくわえた名無しさん:2008/02/15(金) 09:52:55 ID:LrZu1nck
   (続き)
   丸1日のオフなんてほとんどなくて、週に一度は徹夜。徹夜が3日続いたこともあったな。
   みんなで公演先の地方のビジネスホテルにミシン持ち込んで、夜通し交代で縫ったりもした。
   当時私は、専門学校出たてで社会勉強無しの世間知らず。
   当然役に立つ戦力にはならず、怒鳴られたり馬鹿にされたりしながらお手伝いしていた。
   (ほんとうに"お手伝い"のレベル、仕事だなんていえなくらい)

   そういう生活が続いて、精神的にも体力的にも経済的にもボロボロになって、
   公演のキリがついたときに、逃げ出した。(といっても、ちゃんと話し合って辞めたのだけど)
   まだ、たった2ヶ月しかたってなかった。
   この仕事に就きたいと思って専門学校行って、専攻科まで行ったというのに。

   しばらくしてから、自分の口座に報酬が振り込まれてきた。8万円だった。
   どういう計算でこの金額なのはわからなかったけど、交通費(地方遠征含む)や昼食代は一切もらってなかったから、
   それを差し引いたらトントンか足が出るくらいだったと思う。

   今は、まったく関係の無い職種の、フツーの会社員をしています。
   学生時代に夢だと思っていた職業から逃げ出して以来、いろんなことに怖くなり、自信がもてなくなりました。
   それでも、今は自分の稼ぎで暮らせていけてるし、自分の時間がたくさんもてるから、良かったのかなとも思う。

   以上、ほとんどチラ裏だったけど、読んでくれてありがとう。


459 :おさかなくわえた名無しさん:2008/02/15(金) 09:57:20 ID:reBkbu/V
   >みんなで公演先の地方のビジネスホテルにミシン持ち込んで、夜通し交代で縫ったりもした。

   ということは、地方公演もついていって、定期的に衣装のメンテをしていたってことですか?
   そんなにあの衣装ってスレたりしちゃうものなんでしょうか
   バックステージ等見ていると、ハンガーに1着ずつしかなくて、逆に予備がないことに驚いたのですが


460 :おさかなくわえた名無しさん:2008/02/15(金) 10:06:08 ID:LrZu1nck
   >459
   はいそうです。
   そのときは、本番のときに衣裳の着せ替えをしてくれるスタッフは別にいたので、
   私たちはリハまで付き合って、最終的な直しとかをビジネスホテルでやっていました。

   衣裳の予備はなかったですね。だから、公演中衣裳さんがつきっきりで、
   手直しや掃除やらをするんです。
   洗えるものは洗いますが、着ぐるみっぽいやつとか、洗えない素材の場合は、
   ドライヤーで乾かしたり、ファブリーズかけまくったりとかで、かなり不潔だったと思います。


461 :おさかなくわえた名無しさん:2008/02/15(金) 10:13:41 ID:reBkbu/V
   バンド系だと羽根があったり洗えない素材だったりするでしょうし
   本番汗だくになるから相当・・・だったんですね

   メンテとお洗濯で、徹夜になるほどとは想像外でした
   そんなに時間かかる作業とは思えなかったので