※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ33】相撲の追っかけをしていた人

このページのタグ: スポーツ 日本文化 趣味


139 :おさかなくわえた名無しさん:2008/03/11(火) 13:14:43 ID:UpKSUROU
   10年位前、相撲の追っかけをやっていました。
   そのときに見た光景が強烈過ぎて、後援会というのは本当にお金持ちの道楽
   なんだなぁとつくづく思いました。

   その光景というのは、ある地方巡業の時のことです。
   巡業が行われていた体育館の中にある喫茶店に、ある関取が入ってきました。
   そしてそれを待っていた、家族連れ(5〜6人)。「怪我の具合はどうなの?」とか
   「親方はお元気ですか?」とかそんな会話をして15分程度でその関取は席を
   離れたんですが、家族連れの中のおばさんがバッグの中から1〜2センチの厚さの
   祝儀袋を出し、そっと関取に渡したのです。

   ちなみにその関取は、横綱・大関クラスではなく、相撲に詳しくない人なら名前も
   知らないかも?という感じの人です。そういう人に1〜2センチの祝儀なら、横綱には
   一体どれくらい出すんだろうかとクラクラしました。

   今はもう追っかけはしていませんが、当時の人脈のおかげで年に1、2回は砂被りの
   チケットをもらって観戦しています。 


140 :おさかなくわえた名無しさん:2008/03/11(火) 13:50:18 ID:NnlsJwkJ
   >>139
   相撲のタニマチってやっぱ桁違うんだなー。
   演歌系とかのタニマチも歴史が長い分すごそう。