※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ33】デパート内の修理屋(靴修理・鍵コピーなど)で働く人

このページのタグ: サービス・接客業 技術・専門職


474 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/03(木) 15:28:13 ID:4zRP6rPQ
   >452
   時々じゃなくて、常設されてるけどデパート店先の修理屋やってます。
   靴底を治したり、鍵のコピーを作ったりズボンの裾上げをしたり。
   確かにガンガン客が来ると言うわけでもないんだけど、
   普通のお店と違って代金の殆どが「技術代」なので純売り上げ率が高い。
   鍵の土台や靴底のゴム等はともかく、裾上げなんて消耗品は糸数十センチくらいだし。
   そのかわり、その技術代を効率良くまわす必要があって、
   例えば500円取ってる仕事をするのに1時間もかかっていたらマズい。
   理想としては金額÷100分、つまり500円取ってるなら5分で仕上げろ、と言われてますね。
   あと、実際店先にお客が居なくても、デパートに入ってる服屋がまとめて持ってきたりしているので
   意外と仕事は絶えないです。

   お客さんは、ズボンの裾上げとか鍵のコピーとかを除いて常連さんが多い感じ。
   持ち込まれるものは、正直、「もう諦めればいいのに…」とか思うものも多い。
   もう革がメタメタになってる靴の踵直しとか、黄ばんでるTシャツの丈を上げたり
   ウエストを10センチも出して欲しいとか、何十箇所も虫食い穴が空いてるニットとか。
   逆に、ズボンの丈を5ミリとか上げてくれ、みたいな注文にも正直「5ミリくらい諦めてはけよ…」と思ってしまう。
   たぶん、それぞれ思い入れがあったり拘りがあったりするのでしょうが。

   特に服のほうは、身内は知り合いに頼めば親切で(無償で)やってもらえるような仕事、
   という感覚を持っている人がたまに居て
   「お金取るの?!」という顔をされる事があります。
   まあ、ボタン付けとか、日常生活ならそれくらいで見返りを求める人は居ないですよね。
   ただ、実際作業内容や気分(!)によっては「今回はサービスでいいですよ」と言ってしまうときもある。
   こういう時、時たま居る「店員に対して横柄な人」は損をしているよなぁ、と思う。
   ある程度、作業内容での値段は規定されていても その適用範囲ははっきりしていない事が多いし
   (フレア気味のスカートと、フレアスカートとか 区切りが曖昧なのに値段が違う)
   それこそ、その場の判断次第で結構値段が変わるものも多いから。

   何か質問があったら答えます。


475 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/03(木) 15:41:07 ID:4Jaax6Wd
   >>474
   そういう技術ってどこで身につけるのですか?
   靴底を直すのと、合鍵を作るのと、すそ上げって全然違う分野だと思うのですが、
   入社して研修するのかな。


476 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/03(木) 17:04:50 ID:4zRP6rPQ
   >475
   基本的には、靴・鍵の人と服の人は別れていますが
   仕事をしていく中で、必要に応じて別の仕事も思えてもらう感じ。
   ただ、靴や鍵を扱った手で服を触ると 汚してしまう危険があるので
   よっぽどの事情(どちらかが席を外しているのに、今すぐ作業してくれと言われたり)が無いかぎりは
   自分の領域のほうからは出ません。(ちなみに、私は服のほうを担当しています)
   服のほうは、専門学校を出ていたり 昔縫製の仕事をしていた人とかが見つかりやすいのですが、
   靴はあまり専門の修行をしていた人が居ないので
   器用な人・仕事に興味のある人をやとって研修です。
   あとは、昔そういう仕事をしていた人が復職してくる事も多いです。


478 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/03(木) 22:40:02 ID:CgVcwvsZ
   >>476
   レスサンクスです。
   専門分野を持ってる上で、両方できる人もいるって感じですかね。
   靴とカギと服のお直しが一緒になってて、デパートなんかに出ているお店だと
   そんなにたくさんの人が働いてる感じがしないので、
   何となく「全部できるけど、技術は…」みたいに思ってました。スミマセン。 


481 :452:2008/04/03(木) 23:32:41 ID:oqFYcKJi
   >>469
   なるほど〜。そういう常連さんがいるから成り立っているのですね。
   >>474
   いろんなお客さんがいるのですね〜。裏話、面白いです!


482 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/04(金) 00:34:06 ID:40+I30AN
   主婦です。靴の修理も服の修理もわりとよく行くほうです。
   靴はここ、服はここと、上手だなと感じた人のところに。
   簡単なことなら御代はいらない、と言ってくれることもありますね。
   わりと高価なお気に入りのシャツ(主人のものとか)の襟とかカフス部分の
   擦り切れなども、捨てちゃう人が多いらしくて驚きます。
   クリーニングに出しておいても、襟部分に汗が残るのか、久しぶりに取り出し
   てみると色あせができてしまっていることがありますよね。
   お願いすると、裏返しに付け直してくれて、上手な人なら、まずわかりません。
   本当に重宝します。


487 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/04(金) 01:58:02 ID:XSF0Disy
   デパートのお直し屋です。
   >482
   いつもありがとうございます。
   ドライクリーニングでは汗は落ちないので、
   次にクリーニングに出すときは 水洗いを指定してみてください。
   あと、仕上がり時にかけられていたビニールからはすぐに出して
   風通りの良い場所で2、3日干してから仕舞う事をお勧めします。

   実際のところ、同じ店でも作業する人によって技術にバラつきがあるのは確かです。
   その時店に居る作業者が、納期の早い順から次々進めていくので
   基本的には誰がどの作業に当たるかはタイミング次第。
   ただし、常連さんやリピーターで、前回やった仕事を気に入ってくれている場合は
   何となく担当っぽく同じ人が作業を優先してやったりします。
   または「とても大切な物なので、くれぐれも綺麗に仕上げて欲しい」
   と言っておくと上手い人が担当に当たる率が上がります。
   (タイミング的に無理な事もあります)
   ただし、あまり言い過ぎると「面倒臭そうだから値段上げちゃえ」
   という事も。