※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【スレ33】観覧車乗り場のスタッフ

このページのタグ: サービス・接客業


690 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 02:03:48 ID:3OuA73Ze
   観覧車の作業スタッフをしてました。
   作業って言ってもメンテナンスじゃなくて扉をあけたり閉めたりするスタッフ。

   実際の仕事はお客さんから切符を受け取る→観覧車のナンバーをみて「●番ご案内しマース」
   →扉を開けて乗せる→かんぬきをかける→一周したらおろす。
   それだけでした。空いてる時間は観覧車の窓拭きとかシート拭きとかします。
   結構シンプルです。新しいバイトが入ったら二、三日目ぐらいから1人で現場に立ちます。

   私の中で観覧車は楽しいメルヘンチックなイメージだったんですが
   働いてみるとメルヘンどころか、夏は日差し、冬は強風の中1人で客待ちという物悲しい感じでした。
   勤務していた所が寂れてたっていうのもありますが。

   ちなみに大低の観覧車は偶数か奇数のみにしかのれません。
   状況によって差はありますが三つ以上並んで使用する事はないです。
   全体的にバランスを保つためです。
   それから観覧車にミニスカートで乗られる方、スタッフが扉を開け閉めする時、結構
   スタッフからパンツが見えやすいので気をつけてくださいね。


693 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 10:31:40 ID:8VL8T5ko
   >>690
   >大低の観覧車は偶数か奇数のみにしかのれません

   すっごい混んでるところも?


694 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 11:32:34 ID:JET3MFoi
   >>690
   >大低の観覧車は偶数か奇数のみにしかのれません

   間違って
   三つ以上並んで乗せちゃったことなどないのですか?


695 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 13:04:27 ID:pLawxPH/
   >>693
   >勤務していた所が寂れてた

   よく読めよ。 


697 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 14:26:07 ID:8Gd8CcDq
   >>690
   まさに知らない生活だ!

   690さんは観覧車だけの施設に勤めてたの?それとも遊園地ですか?


698 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 17:51:20 ID:7piTbZOQ
   >>657
   一番大きなトラブルは?


699 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 21:14:43 ID:1q5b9Oq1
   じゃあ便乗して遊園地の観覧車乗り場で長期休暇バイトの生活。

   おおまかに690さんと同じだけど2時間待ちとかザラ。
   よって2人で交互に案内。もちろん隙間なんて絶対空けません。
   定員いっぱいまで相席で乗っていただきます。
   雨の日は100均カッパ着用で1時間に1度掃除要員登場。
   乗ってきた組が降りて次の組が乗るまでにベンチの水分を拭き取る。
   ここに配属されるのは男性がほとんどです。
   乗り損ねた人・降り損ねた人を転ばないよう抱き上げて確保する為。
   私は女性でしたが大柄で腕力も強かったからかここにいました。

   私が経験した大きなトラブルは、DQN一家ご来場ですね。
   観覧車が昔の極小のものから超大型の物に交換になって
   利用料もパスポート無効で3倍ほどに跳ね上がったのですが
   昔(10年以上前)の搭乗チケットを持って来た家族連れがいました。
   一度は「このチケットは無効なので・・・」と案内したものの
   ものの見事にファビョり始めてしまい家族で協力して全てのゲートを塞ぎ
   喚き続けたので園長登場でVIPルームにご案内。
   私は案内に戻りましたが年間パスポートを渡して帰ってもらったようです。
   後で「ゴネそうな人は一目で見分け、無茶を言っても逆らうな」と
   きつく叱られました。

   運良く?人身事故には見舞われずきつくとも楽しい職場でした。


700 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 21:17:48 ID:mkwJqgDA
   DQNのごね得を許せってこと?
   なんだかなあ、それで味占めた奴らが各地で暴れてそう。


701 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/14(月) 21:49:22 ID:+KCDztds
   ゴネれば優待してもらえるんなら、
   そらよそでもゴネるわなあ

   それはそれとして>>699の話は面白かった
   >>乗り損ねた人・降り損ねた人を転ばないよう抱き上げて確保する
   ってのはどういう状態かもうちょっと教えてほしい


702 :699:2008/04/14(月) 23:11:20 ID:1q5b9Oq1
   >>700
   >DQNのごね得を許せってこと?

   愉快な話ではないですがそうなりますね。
   観覧車は幼児や老人も乗りますから、数時間並んだ挙句にDQNの妨害にあい
   具合を悪くしたり気分を害して来てくれなくなったら困るので。
   某ランドほどではないですが多少の損をしても警官を避けていました。

   >>701
   デパートでもエレベーターに乗るのが苦手で慌てている人がいますよね。
   横に円を描きつつスライドする乗り物に乗り降りするのは意外に難しいですよ。
   そこでバランスを崩している人を高い高いのようにサポートします。
   同僚といかに楽しく見せるか競ったりしました。


703 :693:2008/04/15(火) 02:57:34 ID:KVz00Kr6
   >>693
   夏休み・冬休み・クリスマス・・・など長期の休みになると沢山お客さんが来ますけど
   一つあけは徹底してました。観覧車のしくみの話になるんですけど
   全体の片側だけに人を乗せるとレールとレールをまわしているゴムが滑って動かなくなるみたいです。
   それ以外に二つ連続でのせる、一つあける、一つ乗せる、また二つあける・・・
   という方法もあるみたいですが
   全国の観覧車視察に行った方はやっぱり一つおきが多いと言ってました。
   >>694
   乗せてはいけない観覧車にはそのものに窓が黒いフィルター貼ってあったので間違えることはなかったです。
   >>697
   観覧車のみの施設でした。
   >>698
   扉が閉まると自動でロックされて内側からあけれなくなるのでゴンドラ中の清掃では
   先にかんぬきを挟み、扉が閉まらないようにするんですが
   同僚がかんぬきをかけ忘れて清掃してたら風でドアが閉まってしまい一周回った事があるそうです。
   事故とかはありませんでした。


704 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/15(火) 10:10:27 ID:ojNNaOyp
   人があまり来ない観覧車と混み混み観覧車の違いかな? >一つあけ


705 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/15(火) 10:17:37 ID:tiBpOSz5
   だろうね。要は重量が均等にかかってればいいわけなんだろうから。


706 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/15(火) 10:36:02 ID:CMwBFgIV
   大きさ・馬力・形状・年式にもよるかもね。
   人がたくさん来る所なら収入も期待出来るから
   金かけてたくさん乗せても大丈夫な作りになってるんじゃないかと思う。

   年々高所恐怖症がひどくなって観覧車乗れなくなった・・・
   夢に出てくる観覧車までとんでもパニック映画みたいなのばっかりだ

   観覧車で働いてる人がまだいたら質問
   実際高所恐怖症で具合悪くなっちゃうお客さんっています?


707 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/15(火) 11:34:42 ID:JJXOz1TJ
   >>690=>>703さんは観覧車だけの施設だったんですね。
   なんだか村上春樹を思い出しますた。
   ひとり淡々と決まった仕事をこなす情景がシュール。 


708 :おさかなくわえた名無しさん:2008/04/15(火) 12:15:25 ID:oDmvQgXp
   地元のジャスコのとなりに市内一でかいという触れ込みの観覧車がある。
   いちどだけ乗ったことあったけど、ずっと「途中で止まっちゃったらどうしよう・・・」と
   要らぬ心配し続けで、怖かったよ・・・。
   周りの風景を楽しむ余裕なんてなかった。

   けど、もう一回くらい乗ってみたいな。 


756 :693:2008/04/16(水) 18:37:44 ID:+vpFfU/K
   >>706
   亀になっちゃてすいません。
   ごく稀に(半年に一回以下ぐらいのペース)吐いちゃう赤ちゃんがいますね。
   私は子持ちじゃないのでよく分かりませんが、一歳もしくは半年もいってない?ぐらいの子だけでした。
   ちなみに
   私が勤務していた時は風が強い日は「若干ゆれますが安全には問題ないです」の表示をしてましたし、
   表示をしてない所でもスタッフに揺れるか聞けば風速をみて教えてくれると思います。
   高所恐怖症だけど観覧車は真下ではなく遠くを見るので乗れるって方もいましたよ。