喫煙


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

喫煙(きつえん)とはたばこや物質を燃焼させた上でその煙を吸引することを示す、ここでは煙草を主な題材として取り上げる。

喫煙の種類


紙巻たばこ

一番ポピュラーかつ現代において、煙草を指し示すものである。
しかしその発祥は戦争時に於ける火薬を保管する紙でまいた簡易喫煙方法であった。
喫煙時間は数分であり肺喫煙を主体とする為吸収が早く満足度も高いが吸収されたニコチンの持続時間が短い。

また現代では健康志向からか低タール高香料・高添加物の傾向が強く、煙草そのものの味が分かりにくくなっている。

パイプおよびキセル

ブライヤーパイプが有名であるが、それ以前はクレイパイプも存在した。
水パイプは中東、キセルは中国・韓国・日本で見受けられる。
日本のキセルはまさに一服と言えるほど簡易で早い物で、せいぜい3口程度しか喫煙できない。
生活様式において長時間の喫煙を好まないアジアでおよび日本独自の変化を遂げたと思われる。

葉巻

アメリカの原住民がこの形態で喫煙していたといわれる一番原始的な喫煙形態である
現代においてもっとも高級な喫煙方法であり、その高額さと喫煙に対するイメージから日本においては気障とおもわれがち。