しやさんの殺し方


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

まあ殺し方というか対処方法や抵抗の仕方について主に。

前提

しやさんの長所

  1. 後衛の安定性
  2. 指揮能力
  3. 交易の安定性
  4. 連携時のレスポンス

しやさんの短所

  1. 前衛の不安定性
  2. (中国使用時等)兵種変更・抜き体制構築が若干遅い




前衛で相対した場合は多少特攻気味でも積極的に責めるほうが良いです。
意外と後ろの柵なんかがぽっかり開いていたり、そもそも後ろを囲っていない場合があります。
攻める場合は弓がオススメです。農民にちょっかいを出して内政ダメージを狙います。
カウンターがいやなので自陣は初心全柵でよいので囲うようにしましょう。(弓4だしたらでいいと思います。正面は暗黒のうちに)

劣勢の場合は自陣に引き込んでの投石3台ぐらいの砲火を浴びせるのが結構有効な印象です。どちらかというと前衛から抜こうとするタイプなので
流れるのを心配するよりは自陣に引きずり込むようにするのが良いです。
(万一スルーされたら槍投石で逆に攻め込んでみるのも一興です。この場合長槍を少し多めに配備しましょう。また石があればしやさん前線に建造しようと試みるのも有効です)

帝王先行される場合も多いと思いますが主力のレンドが揃うまでに若干の余裕があるはずです。ここでいかに内政を逃がして立て直せるかがキーとなってきます。
復帰後は優先して改良投石を出すようにします。意外と改良にするのはそこまでコストがかからないため必ずアップしましょう。レンドはライフがひくく射程も短い為
改良投石でのペシャリを期待できます。(注意しなければいけないのがその後に出てくる近衛剣士です、槍投石だと一方的に殺されるため何らかの対応が必要です。いっそスコピもセットとかでもいいかも)



後衛で相対した場合とにかくぬくらせない事が肝要です。
圧倒的な内政ボーナスに加えてらくだが出る文明を多様するため後衛の能力は突出しています。
防3重騎士特攻の有効性を熟知しているためノラせると一人で3国抜かれることもしばしば。

有効なのは直騎士か、味方前衛とベタに連携して敵前衛にしやさんを呼ばせて振り回させることです。
(士気ダメージを考えれば後者のほうが特かも? 前衛には可能なら弓をしてもらう。らくだが前線に出てくるかあるいは防御が+1以下のときに打てればオイシイ)

帝王中期以降は防3重騎士突撃に対応する用意を行う。戦士小屋をあらかじめ5つ程度まで建造しておくのが良いです。
(重騎士突撃を凌げば兵種転換まで若干時間を稼ぐことができる為なんとしても防衛には成功したいです)
凌いだ後は城・小屋寄せに注意すること。家や前哨で視界を確保するなどが重要です。基本的にはレンドラムがくるはずなので近衛か投石系あるいはイーグルなどで対処する。
アンチを下手に増やすと剣士からの爆抜きを食らう危険性があるため要注意。