※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


新システム

ソウルゲージ

体力ゲージの端に表示された球形のゲージ。キャラクターの優勢/劣勢を色で示す。
相手の攻撃をガードし続けると次第に赤く、逆に相手に攻撃を当てたりガードさせると青く変化。
ソウルゲージが青白く点滅している状態では、A+B+Kで発動するスキルが使用可能となる。(スキルが使用可能なモードで、かつ当該スキルを使用キャラに設定している場合)

アーマーインジケーター

ソウルゲージの下に表示された、縦に並んだ3つのボックス。上から上段、中段、下段の防具に対応し、防具の破壊状態を示す。
通常は緑に点灯しており、破壊された部位のアーマーインジケーターは黒く表示される。
防具は、特定の部位(上/中/下)に集中して一定の被ダメージを受けるか、ソウルクラッシュが発生すると破壊される。
防具が破壊された部位は被ダメージ量が増加する。また、兜や帽子が吹き飛ぶ、上着が脱げるなど、防具の破壊は外見にも反映される(ただしボーナスキャラクターには外見の変化はない)。

ソウルクラッシュ(通称アーマーブレイク)

相手のソウルゲージが赤く点滅した状態で、強力な攻撃をガードさせるか相手の攻撃をガードインパクトするとソウルクラッシュが発生。
ソウルクラッシュさせられた側は、体に紫色の電流が走る。
またソウルクラッシュ発生時に受けた攻撃の部位(上/中/下)に応じた防具が破壊され、その部位の防御力が低下する。

クリティカルフィニッシュ(一撃必殺技)

相手がソウルクラッシュ状態になった瞬間に、特定のコマンド(A+B+K+G)を入力すると発動。
残り体力に関係なく相手をK.Oし、そのラウンドに勝利することができる。
クリティカルフィニッシュにはキャラクターごとに派手な演出が用意されている。

アクティブマッチングバトル

一人用モードの「ストーリー」「タワー・オブ・ロストソウルズ」で採用されている戦闘形式。
プレーヤー側とCOM側がそれぞれ1人~数人のチームを組み、戦闘中にキャラクターを交代しながら戦う。
キャラクターの交代には、アクティブマッチングバトルでのみ画面下に表示される交代ゲージを消費する。
『鉄拳タッグトーナメント』のような交代を利用したコンボも存在。

従来システムの変更点

  • ガードインパクト(さばき)は相手をうつぶせダウンさせる。
  • 従来のスタンシステムに加え、攻撃を当て相手を壁にぶつけてもスタン状態になる。

以上の参考、情報元はGAME Watchをはじめとした国内ゲームニュースサイト、週刊ファミ通1020号など


以前の情報

+ ...