※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

9月01日 リサイクル工作

リサイクルでレッツトライ      飯田 忍宣先生

今日は1年生最後の選択授業であった。家庭でゴミとして廃棄しているものを使って遊具を制作し、それを使って皆でプレイを楽しんだ。
1. グライダーの制作
  使用する材料
   ・ペットボトル(円筒型1.5~2.0Lのボトルの胴体を1.5~2.0センチに輪切りにする)
   ・ストロー  (太めで長いほうが良い)
  工作用具 :ハサミ・セロテープ・カッターナイフ・マジックインク
  作成手順
   ・ストローの両端に輪切りのボトルをセロテープで接着
   ・2個の輪切りの中心を一致させる
   ・ストロー片側を2センチほど残したところに絶縁テープを巻いて重しにする
   ・出来上がったら力まずにそっと投げる
2. 吹き矢の制作
  使用する材料
   ・紙管(ラップの芯・FAX用インクリボンの芯等長めのものが良い)
   ・宣伝広告紙(コーン状に巻いて矢とする)
   ・紙粘土少々(コーンの先端に詰めて重しとする)
  作成手順
   ・滑りのいいチラシ紙の角を中心にコーン状に巻く(先端は出来るだけ隙間なく)
   ・筒にはめ込み口径よりわずかに長く(大きく)切る
   ・先端に紙粘土(大豆ぐらい)を詰めてボールペン等で押し込み固定する
   ・出来上がったら筒にこめて吹き、飛び方により紙粘土の重さを調整する
3. グループ対抗でレッツプレイ
  グライダーは飛行距離を競った。現実は思うようにまっすぐ飛んではくれない
  吹き矢は飛距離と的を狙うゲームを行った。
  重しの粘土が乾いて外れたり、廃物利用のため精度が低いので当てるのは結構難しい。
  古新聞を利用したゲームも行った。ゲーム名は「浮島レース」。
  1枚の新聞を広げて2人が乗り、2枚目を前方に敷いて乗り移って行くゲームである。
  新聞を破かずに往復し次に渡すという単純なゲームであるがかなりの運動量であった。


グライダーの出来上がりを説明する飯田先生

全員出来上がり、童心の無邪気な笑顔で記念撮影

彼の作品が一番よく飛んだ(注:練習のときだけだった)

腰のひねりはいいが飛距離はいまいち

慎重に狙う、手前は点数が書かれた的たち

新聞の島に飛び移る、平素こまめに働いている人は独楽鼠のように素早い
(2008年9月 坦)