鋼鉄ジーグの登場人物


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

・ビルドベース

・司馬宙(しば ひろし)
愛称:宙
CV:古谷徹
少々喧嘩っ早く、理不尽さを見せつけるところもあるが、曲がった事は許せない熱血漢。
自分でも知らないうちに父である司馬遷次郎に肉体を改造されサイボーグ形態に、
そして鋼鉄ジーグの頭部に変形する事ができる。
その力で日本の支配をもくろむ邪魔大王国との死闘を繰り広げる事に。
無断で体を改造されたことに憤り、当初は父との仲が険悪であった時期も。
しかし戦いの中で次第に成長を遂げ、邪魔大王国打倒の中心的存在になっていく。
一方で遷次郎は私財をすべてビルドベースに投じたため、司馬家の家計は彼の経営する自動車整備工場、
司馬モータースが支えていて、また彼自身カーレーサーとしての一面も持っている。
初登場話数:第1話「形を変えた二つの心
今作での扱い:三月がこの世界で初めて出会った人間として、彼女とこの世界の橋渡しを務める。
『ビルド・アーップ!!』
『君の心の中には、その温かい愛情があるんだ!』

・卯月美和(うづき みわ)
愛称:美和/ミッチー
CV:吉田理保子(SRW:吉田美穂)
遷次郎の助手を務めていた過去を持ち、現在は宙のパートナー的存在。
早くに両親を失い司馬家に引き取られ、一家とは実の家族のように接している。
普段は冷静沈着で常に凛としており、頭に血の回りやすい宙をたしなめることもしばしばだが、
プライベートではお茶目な一面ものぞかせる。
初登場話数:第2話「見知った顔、見知らぬ人
今作での扱い:
『OKよ、宙さん!』
『マッハドリルセットアップ、シュート!』

・司馬遷次郎(しば せんじろう)/マシンファーザー
愛称:遷次郎
CV:村瀬正彦
宙の父で、考古学者。
とある遺跡の発掘調査中に発見された銅鐸から邪魔大王国の脅威を知り、
密かにビルドベースを建設して対抗策を練っていたが、
それを察知した邪魔大王国の手によって殺害されてしまう。
しかしその人格と知恵だけはコンピュータの中にコピーされており、
死してなお邪魔大王国に立ち向かい続けた。
宙の一件からもわかるように、理解に苦しむほど極端で強引な手段を取ることも多いがその頭脳は優秀で、
厳しさの裏には常に信じた道を貫く強い信念が隠されている。
初登場話数:第2話「見知った顔、見知らぬ人
今作での扱い:真田・羅螺両博士とともに遺跡文明を発掘した。
       登場時点ですでにマシンファーザー化しているが、もう片方の世界では存命と思われる。


・黒鷲のドン(くろわしのドン)
愛称:ドン
CV:緒方賢一
高校時代から何かにつけて宙をライバル視していた男。本名は不明。
彼がレーサーになればレーサーになり、自動車修理工場を開けば自分もそれに倣うと
どこまでも徹底して宙に対抗するが、どうにも彼にはかなわない様子。
最初は宙もそんな彼を呆れたように見ていたが、邪魔大王国相手に
ガラクタから作ったロボット、メカドン1号及び2号で戦い、ジーグの窮地を救ってからは
宙も彼らの事を正式にライバルとして認めるようになった。
初登場話数:第2話「見知った顔、見知らぬ人
今作での扱い:

・パンチョ
愛称:パンチョ
CV:加藤治
ドンにつき従うメカニックマン。やはり本名は不明。
大食らいののんびり屋で、少々子供っぽい面が目立つ。
初登場話数:第2話「見知った顔、見知らぬ人
今作での扱い:

・司馬まゆみ(しば まゆみ)
愛称:まゆみ
CV:高橋和枝
宙の歳の離れた妹で、まだ幼稚園児。
悪戯好きで宙に世話を焼かせるが、他の誰よりもジーグの事を応援している。
宙がジーグであるという事には気が付いていない。
初登場話数:第1話「形を変えた二つの心
今作での扱い:


・邪魔大王国(じゃまだいおうこく)

・女王ヒミカ
愛称:ヒミカ
CV:高橋和枝(SRW:浅井淑子)
女の身でありながら、かつて日本を異次元科学で支配した邪魔大王国の長。
高いカリスマ性と常識を超えた魔力を持ち合わせており、
再びこの世界に覇を唱えるため、そして秘密の情報が刻まれた銅鐸を奪うために鋼鉄ジーグとビルドベースに戦いを挑む。
意外にも部下への面倒見は良かったようで、特に三幹部からは高い忠誠を誓われていた。
初登場話数:
今作での扱い:異星人の遺跡文明と共倒れになる形で休眠に入り、そして最近目覚めた模様。
『メキニメキニヌダラダラ~……』


・イキマ
愛称:イキマ
CV:緒方賢一
邪魔大王国三幹部の一人。長い髭が特徴的ではあるが一番普通の人間に近い容姿を持ち、
何かと破天荒な他二名に比べ知略に長け、最も理性的と言える。
また、三人の中では最も地位が高いらしい。
初登場話数:第2話「見知った顔、見知らぬ人
今作での扱い:


・アマソ
愛称:アマソ
CV:キートン山田
邪魔大王国三幹部の一人。
長い眠りの封印から再生される際に岩を取り込んでしまったため、
まるで何かの結晶のような棘がところどころから生えた特徴的な姿をしている。
悪逆非道な作戦ばかりを立案し、鋼鉄ジーグを苦しめる。
ヒミカ様にまだ蹴ってもらってないドMな人は別次元の話です。
初登場話数:第2話「見知った顔、見知らぬ人
今作での扱い:


・ミマシ
愛称:ミマシ
CV:加藤治
邪魔大王国三幹部の一人で、王国きっての肉体派。
肉体を再生する作業に失敗し、体の左半分は岩のまま。
そのパワーで自ら先頭に立ってサイボーグ宙との戦いを演じることも。
竜魔帝王復活に際し、真っ先に粛清されてしまった。
初登場話数:
今作での扱い: