※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

COP発売を後一ヶ月後に控え、英語版をプレーするに辺り参考にしてもらえればと思いメモとして記入しました。記入者はドイツ語版を購入し英語化したものをプレーしCSとの違いやプレーの違い等を理解して貰えれば幸いです。

最近スチームで激安販売していたのはCOP発売の為であろうと思いますなぜならCOPは「チュートリアル」が有りません。いきなりプレーとなるので最初に購入すると間違いなくプレーに支障が出るでしょう。

順番に書きますと…

CSとの違い

①.薬屋が登場し、放射能、精神波、出血を抑える薬や一時的に重量緩和する飲み物を販売している。

②.メインの任務は5機の墜落したヘリの調査だが、サブミッションがNPCの依頼であり時期によってはPDAにマークが表示されなくなった。

③.よって武器のアップグレード依頼は工具で3段階アップグレード出来るが工具の場所は非表示になった。

④.NPCもアーティファクトを探索していて先にアーティファクトを取られる事が有る。

⑤.ブローアウトは一日一回有り建物に入らなくても簡易シェルターが有れば防げるようになった。

⑥.睡眠が導入された。

⑦.シリーズおなじみのニンブルは今回武器やスーツの調達をしてくれて珍しい武器やスーツを調達してくれる(もちろん有料だ)

⑧.マップは3つそのうちひとつはプリピチャチでSOCのマップの東側を改変した作りになっている。

⑨.エンディングはどれくらいミッションをこなしたかでエピソードが追加する仕組みになった、よってミッションをこなさなければ簡素にエンディングになる。尚エンディングに加算されるかはPDAにサブミッションを達成すると称号を貰えるのでわかる。

⑩.ミュータントや犬がマップをうろつくようになった、そしてサッチャンを始めサイドからの攻撃をするようになり油断できなくなった。

⑪.プリピチャチの宿泊施設は軍の指揮所である、よって修理、弾薬と医薬品の補充は無料になった。