xmlファイルの日本語化はこちらを参照:日本語化

Clear Skyで日本語を表示させる方法

対象とするフォントファイル

  • FAQにアンパックツールがあるので、それを使いアンパックする。
  • アンパックした中のgamedata\textures\ui にある ui_font_~.ddsとini が改造対象。

フォントの置き換え

  • フォントは ui_font_~.dds というフォントの画像ファイルと、その画像ファイルの中の文字がどの文字コードに対応しているかを示す 同名のini ファイルで構成されている。
  • まずは画像を置き換える必要があるため、ビットマップフォントやTTFをbmpに変換する。
  • ツールに関しては、ビットマップフォントならbdf2bmpを使うとよい。フリーのBDFは検索をかければ色々見つかる。とりあえずは東雲ゴシックで良いかと。
  • bmpに変換した後は、画像の縦横サイズを2の乗数にしておく。こうしないとddsファイルに変換できないため。
  • bmpは適当な画像編集ソフトで背景を透明色に変換し、保存する。pngがオススメ。
  • pngにしたら、dds converterを使ってddsファイルにする。
  • 置き換え用ファイルのできあがり

フォントのマッピングを変える

  • iniファイルでフォントと文字コードの対応を取っているので、対応する文字コードを日本語化する必要がある
  • 文字コードはUTF-8のコードが使われている。文字コード対応を取ったファイルはここにあるので、使うと楽かもしれない(excel形式)
  • 形式は「文字コード(10進数) = x1, y1, x2, y2」である。位置指定は左上座標(x1,y1)から右下座標(x2,y2)で指定する。

xmlを置き換える

  • 対応する文言を日本語にする。詳しくは日本語化の方を参照のこと

フォント配置図

  • 会話画面