※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アル・アハリ(ユース)(04~08)→バイエルン・ミュンヘン(08~)

国籍:ドイツ
ドイツ国籍の両親を持つが、生まれはエジプト。そのままアル・アハリユースを経てエジプトの社会人リーグでプレーしていたが、ドイツで女子ブンデス発足の報を聞き、真っ先に手を上げたバイエルン・ミュンヘンに入団を決めた。
バイエルン入団の際の条件が「背番号14」だったいうほどヨハン・クライフ(本物(笑))のファンで「14」に拘りがあり、スパイクには黄色で「14」のマーキングを入れているため「黄の14(ゲルベフィアツェーン)」と呼ばれるが、多彩な足元のテクニックに加え両脚から繰り出す精度の高いパス、魔術的なまでの攻撃的センスから「アフリカの魔女」の異名も持つ。
年齢は21才。パクリ元とは少し年齢を変えてある。