※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


その快速を生かした攻撃参加が持ち味の攻撃的サイドバック。若いためか頭に血が上りやすく、行ったまま帰ってこないこともしばしばで、ダイヤモンドカップ当時コーチだったスティーブ・オースチンの最大の悩みの種だった。ダイヤモンドカップでの活躍でアメリカギャラクシーの2部リーグへ移籍を果たした。