※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


国籍:オランダ


かつては「オランダの至宝」としてテクニックとスピード、そして戦術眼に優れ、そして何より奔放な言動で知られる選手だった。実力、人気ともオランダ第一人者といっていいものだったが、当時プロリーグがなかったオランダからプロリーグが立ち上がった頃のアメリカへ。現地でもそのプレーと言動は人気を呼んだが、2年後に靱帯損傷の大怪我を負い引退を余儀なくされる。
一説にはオランダで女子プロリーグが発足したのは彼女を呼び戻すためとも言われており、その真偽は定かでないが、彼女の引退からプロリーグ発足のスケジュールは遅れ、さらに2年の月日を要した、とも言われている。
ヨハネ・ニースケンとはアヤックス、代表での同僚かつ親友であり、「二人のヨハネ」と呼ばれることもあった。
引退後は指導者の道を歩み、08年からはオランダ代表監督に就任、親友たるニースケンをヘッドコーチに招聘。「超攻撃」をその哲学とし、今のところは成果を出している。ただ経験が浅い事実は否めないところで、クロスゲームのときの采配にはまだ課題があるか。
言動は何となく全盛期の長嶋監督をイメージ(笑)